// //
list

口臭原因の6割は舌の汚れ!しかし、舌磨きが口臭をキツくするかも?

このエントリーをはてなブックマークに追加

食事の後や寝起きはとくに口臭が気になるもの。私の周りにも口臭がキツい人がいるので、口臭には気をつけなければと感じる今日このごろ('∀';`)

口臭の原因となってるものはさまざまですが、舌の汚れはかなり口臭の原因として大きいものなんです!!だからといって舌をゴシゴシと磨き過ぎてしまうのは厳禁です(ー`дー´)

舌磨きが口臭をキツくする?

間違った舌磨きは口臭をキツくしてしまうの!?

なんと舌の汚れは、口臭の原因の6割を占めているというから驚きです!!!舌磨きをすることで口臭が気にならなくなったり、あるいは、とある実験によれば、舌磨きをすることでインフルエンザの発症率が10分の1にまで減少したという結果もあるんです★舌磨きはキツい口臭の改善と、さらに健康維持にもとても役立つものなんですね♪

しかし舌表面の粘膜はとってもデリケート。
歯ブラシなどでゴシゴシとやってしまいそうですが、細かいキズをたくさん付けてしまうことに。。

食べカスなどに口腔内の細菌が繁殖して、舌苔という白い汚れになります。これは口臭のもとにもなってしまうのですが、この舌苔を取り過ぎてしまうと、舌が乾燥状態になり口臭がキツくなりやすくなるのです。適度に舌磨きをすることは口臭対策になるけれど、やり過ぎてしまうと逆効果、というわけ(・・)
口臭を意識すると、ついつい歯磨きと一緒に歯ブラシで舌をゴシゴシやってしまうので注意が必要です!

正しい舌磨き方法とは

舌ブラシを使って1日に1回、朝起きた時だけでオッケー!!
このとき歯磨き粉は付けないで水だけで磨くように。

また、ブラッシングは舌の表面を擦るくらいのやさしい感じでオッケーです!!チカラを入れてゴシゴシ磨きは禁物です。舌の汚れをとることも大事ですが、それ以上に舌表面を傷つけないようにして下さいね(。・x・)ゞ

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick