// //
list

虫歯予防に歯の絆創膏(ばんそうこう)?

このエントリーをはてなブックマークに追加

このところ、虫歯になる前にその予防をする「予防歯科」を標榜する歯科医院が増えつつある。そんな予防中心になってきた日本の歯科医療界で、虫歯予防に画期的な技術が開発されてきているのをご存知だろうか。

虫歯予防に歯の絆創膏(ばんそうこう)?

虫歯は自然治癒しない

基本的に、虫歯によって溶けてあいた歯の穴は自然に元には戻らない。虫歯になってしまったら、歯科医院で虫歯に侵されている部分の歯を削って、樹脂か金属の詰め物をするしかない。しかし、できれば誰だって自分の歯を削るのは避けたいものだろう。皮膚にできた傷が、放っておいてもかさぶたができて自然に治癒するように、虫歯も消毒して放っておけば自然に穴がふさがればいいのに・・・と想像したことはないだろうか?歯にあいた穴が自然にふさがるとは夢のような話だが、「歯の絆創膏」が実現されると、もしかするとそれも夢ではなくなるかもしれない。

夢の「歯の絆創膏」

近畿大学生物理工学部(和歌山キャンパス)本津茂樹先生が研究・開発中であるという「歯の絆創膏」は、歯に直接貼ることで、歯を保護したり、歯の一番外側のエナメル質が溶けてしまった部分を修復してくれるという画期的なものである。素材は歯のエナメル質と同じハイドロキシアパタイトであり、極薄のシートで、接着剤なしで歯に貼り付けられるそうだ。もし、この「歯の絆創膏」が実用化されたら、虫歯になる前に絆創膏を貼っておくことで、歯を虫歯から守ることもできるかもしれない。また、歯を削ったあとに樹脂や金属での詰め物をする必要がなくなるかもしれない。絆創膏を貼っておくだけで、皮膚の切り傷のように、歯の表面が再生していく可能性があるというのだ。

しかし、今スグに歯の絆創膏が完成しても、保険が適用されて気軽に使えるようになるにはまだまだ相当の時間がかかると思われる。今のところ、虫歯から自分の歯を守るためには、歯科医院での定期検診を忘れずに、自分に合った正しいデンタルケアの方法を身につけることのほうが得策であるだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick