// //
list

八重歯ってどの歯?「八重歯」の誤解

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本では、人気女性アイドルの八重歯が話題になるなど、「八重歯」はその人のチャームポイントにさえなってしまう。しかし欧米ではもともと美しい歯並びが評価されるうえ、目立つ八重歯は吸血鬼を連想させるということで、マイナスの印象を与えてしまうものである。では、そもそも八重歯とはどいうったものなのだろうか?

八重歯ってどの歯?「八重歯」の誤解

八重歯はどんな歯なのか?

実は「八重歯」とはある特定の歯を指すわけではなく、尖った歯が外側にずれてしまい、その歯が牙のように目立ってしまっている状態のことを言う。この飛び出して目立つ歯は、一般的に前の歯の真ん中から数えて3番目にある「犬歯(けんし)」のことだ。犬歯は歯の根も長く太く、先端が尖った形をしているのが特徴である。

この歯は、歯の中でも比較的寿命が長い歯ともいわれている。糸切り歯と呼ばれることもあり、その形から、食べ物を切り裂くことに役立ちそうな歯に見えるが、実は歯の正しい噛み合わせにおいて非常に大切な役割を持っている。奥歯で物をすりつぶす時にはアゴが左右へと動くことになるが、このアゴの横方向の動きの際に犬歯が軸となり、奥歯や前歯にかかる負担を減らしてくれるのだ。

なぜ、八重歯になるのか?

犬歯は尖った形をしており、他の歯とは形が違うだけでもかなり目立つ。さらに、この歯は歯並びのちょうどカーブしている部分に生えてくるため、アゴの骨が小さい場合、前歯と奥歯によって歯並びのラインから外に押し出されてしまいやすい。正常な歯並びのラインからこの犬歯が飛び出てしまうことよって、「八重歯」となってしまうのだ。

日本人は八重歯好き?

海外の八重歯へのネガティブな意識とは違い、日本では昔から八重歯は好意的に捉えられている。最近では、「付け八重歯」としてわざと八重歯を着けることもできるそうだ。日本人が八重歯を好むその理由としては、日本人は八重歯に「未完成の美」の魅力を感じているとか、八重歯が幼さや若さを象徴するためだとか、いろいろな理由があるらしい。

しかしこの八重歯、たとえ可愛く見えても実は歯並び的にはあまり良い状態ではない。歯並びがずれることによって、他の歯への負担が大きくなったり、全体の噛み合わせに狂いが生じやすくなる。また、歯みがきがしにくくなることから、汚れが溜まりやすく、虫歯や歯周病、口臭の原因にもなりやすい。もし、あなたに八重歯があるのなら、一度、噛み合わせなどのチェックに歯科医院を受診したほうがいいかもしれない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick