// //
list

その食べ方は黄色い歯になる!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

その食べ方は黄色い歯になる!!

歯の白さは、その人の清潔感をアップさせ、笑顔もぐんとステキに見せてくれますよね。歯の白さを保つには、ホワイトニングの歯みがき粉などを使ってケアをして、歯についた汚れを落とすことも大切ですが、できるだけ歯に色を付けないことも大切だということ、知っていましたか?歯に色が付きやすい食品に気をつけるのはもちろんですが、食べ物や飲み物の組み合わせによっては、あなたの歯をもっと黄色くしてしまうこともあるかもしれません。

その食べ方は黄色い歯になる!!

歯に着色するものと、歯の着色を助けてしまうもの

基本的に、色の濃い食品は歯にも色が付きやすく、「着色性食品」といわれています。白いシャツにこぼしたら、色がついてシミになってしまうものです。

  • コーヒーや紅茶、烏龍茶などの濃い色のお茶
  • 赤ワイン
  • ベリー系の色の鮮やかな果物
  • カレー
  • 醤油やソース、ケチャップ
  • 人工着色料の使われているもの

こういった着色性食品と一緒に口にすることによって、歯への着色を助けてしまう食品もあります。それが次のような「着色補助食品」です。

  • 炭酸飲料
  • 柑橘系のフルーツやジュース
  • お酢
  • クエン酸
  • アルコール飲料、白ワイン

着色補助食品は、見ての通り酸性度の高いものばかりです。その酸で歯の表面のミネラルを溶かしてしまうことで、さらに歯に色を付きやすくしてしまいます。例えば、白ワインは赤ワインのように色はありませんが、赤ワインよりも酸性度が高く、歯の表面を溶かす作用が強いのです。

食べ合わせに気をつけましょう!

着色性食品と着色補助食品を同時に食べると、歯へ着色してしまう可能性はかなり高くなってしまいます。例えば、カレーを食べながら炭酸飲料を飲む、コーヒーを飲みながらグレープフルーツを食べる、といった組み合わせには要注意です。もし同時に口にしてしまった時は、食後にできるだけ早く水でうがいをして、お口の中の色素を洗い流しましょう。
お口の中に色素が長く存在すればするほど、歯にも色が付きやすくなってしまいます。歯を白く保つためには、食べ物や飲み物の組み合わせにも気をつけましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick