// //
list

歯ぎしりの原因って何?

このエントリーをはてなブックマークに追加

寝ている間のことは、自分では気がつかないし覚えていないけれど、家族やパートナーから歯ぎしりしていると言われたことはありませんか?歯ぎしりは多かれ少なかれ誰でもしているものですが、ひどくなってくると歯やアゴにかかる負担が大きくなり、お口や体の健康に悪影響を及ぼしてしまうこともあります。知っているようで知らない、歯ぎしりの原因とはなんでしょうか?

歯ぎしりの原因って何?

歯ぎしりの原因

ストレス

歯ぎしりの原因として一番多く考えられるのは、ストレスです。起きているときでも、悲しみや悔しさを我慢する時につい歯を食いしばってしまうことはありませんか?何かしら大きくストレスが溜まっていると、寝ている間も無意識のうちに歯ぎしりをしてしまうことが多いようです。

噛み合わせ

かみ合わせが悪い場合も歯ぎしりが起こりやすくなります。虫歯の治療中や、つめ物や被せ物が合っていなかったり、歯が抜けてしまったままにしているなど、アゴの筋肉バランスがくずれることでも歯ぎしりが起きると言われています。

タバコ、アルコール

お酒を飲んだり、タバコを吸うことでも歯ぎしりが引き起こされやすくなると言われています。

逆流性食道炎

最近では、胃液が食道に逆流してしまい炎症を起こす逆流性食道炎も、歯ぎしりの原因になっているのではと注目されています。逆流性食道炎になった患者さんは寝ている間の歯ぎしりが多くなりますが、胃酸を抑える薬を飲んで治療したところ、その歯ぎしりも減ったという例があるそうです。

歯ぎしりを放っておくとどうなる?

朝起きた時にアゴにだるさを感じたり、歯にひびや欠けを見つけた場合は、早めに歯医者さんに診てもらうことをおすすめします。歯ぎしりがひどくなると、様々な症状が現れてきます。強い力がかかったせいで歯が欠けたり割れてしまったり、歯が摩耗してすり減ってしまうことで知覚過敏を引き起こしたり、アゴの骨への負担により顎関節症になってしまうなど、歯やお口の周りの健康に障害を起こしてしまうこともあるのです。

心当たりのある方、気になる症状のある方は、一度歯医者さんで診てもらうことをオススメします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick