// //
list

知覚過敏の種類と改善方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

冷たいものを飲んだり、硬いものを噛んだりすると、一時的にキーンという鋭い痛みが走る知覚過敏(゚´Д`゚)゚。一過性であっても、知覚過敏になってしまったら食べたり飲んだりするのが怖くなってしまうもの。楽しく食事をするためにも、痛みへの不安をなくすためにも、まずは種類をきちんと把握して改善方法を実践していきましょう!!

知覚過敏の種類と改善方法

知覚過敏に種類はあるの?

知覚過敏自体には種類がありませんが、原因や痛みは人によって異なるようです。歯ブラシでこすりすぎていたり、頻繁に歯石除去をしたり、歯ぎしりをする癖があるというのが知覚過敏の主な原因!他にも、ホワイトニングを行ったり、もともと歯が薄かったり、とにかくエナメル質を削ってしまって象牙質がむき出しになるせいで痛みが起きます。痛みを擬音で表現するのであれば、キーンやズドン、ピキっというような鋭く突き抜けるようなものがシックリくるかもしれませんね♪とにかく、原因に心当たりがあったり、似たような痛みがあるという場合は知覚過敏の可能性が高いですね(`ω´)

知覚過敏の改善方法

自己流で改善するには、正しい歯磨き方法を実践する、知覚過敏用歯磨き粉を使う、エナメル質を傷つけるようなことはしないというのが一番!!地道な方法になってしまうけど、エナメル質を復活させることが最優先なのです。

知覚過敏が改善できなかったら?

自分で努力しても痛みが起こる、という場合は、もう歯医者さんに頼るしかありません。専門的な治療法だと、フッ化物を塗ったり、レーザー照射をしたり、歯科材料で痛む部分をカバーしたりという方法があります!ただし、もしかしたら虫歯かもしれないので、いずれにしても痛みが引かないという場合は歯医者さんへ直行しましょう三(゚д゚)ノ"

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick