list

えっ、ヤバい!?AGAセルフチェック(親類・生え際・不規則な生活など)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ひょっとしたらAGA?
何となくそうかもしれないと思いながらも、自分だけはAGAではないと信じたいもの。しかし、現実から逃げてはいけない、目をそらしてはいけない。本当にAGAだった場合、正しいケアが遅れるほど髪が薄くなる。できるだけ早く適切なケアを実践した方が良いだろう!

以下の項目に当てはまる数が多い人は、できるだけ早めに専門医に相談しよう。

えっ、ヤバい!?AGAセルフチェック(親類・生え際・不規則な生活など)

親類に薄毛が多い

両親や兄弟、親類(主に母方)に薄毛の人がいる、または多く存在している場合は薄毛になりやすい体質が遺伝している可能性が高い!抜け毛を誘発させるホルモンが生成しやすい体質が遺伝し、AGAを発症する可能性が高いと指摘されている。近しい親類に薄毛の人が多い場合は、AGAを発症する可能性が高いと考えて普段から注意して生活しよう。抜け毛が増えてきたと自覚している場合は、できるだけ早めに正しいケアを実践しよう!

生え際や頭頂部が薄くなってきた

AGAの症状で典型的なのが、生え際や頭頂部のどちらか両方が同時に薄くなっていく事があげられる。生え際や頭頂部には抜け毛を誘発させるホルモンのジヒドロテストステロンを生成する原因となる還元酵素の5αリダクターゼが多く存在しているため、抜け毛が増えやすいと考えられる。抜け毛が増えただけでなく、明らかに髪が細くなったと実感できる場合はAGAの可能性が高い!

不規則な生活が続いている

外食が多く、脂分や塩分、糖分が多い食生活が多い方、睡眠時間がバラバラで寝不足の日が多い、仕事が忙しくてストレスが溜まっている等普段の生活が乱れがちな方は要注意!!生活習慣の乱れが抜け毛を加速させる原因になるため注意しよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick