list

いろいろある!痔の種類と原因、症状について(いぼ痔・きれ痔・痔ろう)

このエントリーをはてなブックマークに追加

痔(じ)とは、肛門の周辺にできた疾患のことを指す広義な言葉です。痔にはいろいろ種類があり、それぞれ症状が違いますのでここで説明させていただきます。

いろいろある!痔の種類と原因、症状について(いぼ痔・きれ痔・痔ろう)

痔の種類と症状について

一般的に痔と聞けば肛門に傷がついて出血を伴う症状を思い浮かべるのですが、外科的には肛門周辺で生じる疾患の総称を痔と呼んでいるため、いくつかの種類に分かれています。

いぼ痔(痔核:じかく)

内痔核と外痔核の2種類がある。

内痔核(ないじかく):直腸内で歯状線より内部でうっ血した内痔核歯状線より内側にあるので比較的痛みは少ないが、排便時に出血が生じることも
外痔核(がいじかく):肛門より外側に血豆(血栓性外痔核)ができた外痔核歯状線より外側にあるので痛みを引き起こすことも。場合によっては激痛も。。

切れ痔(裂肛:れっこう)

便秘などが原因で排便時に肛門上皮が裂けることにより生じる

痔瘻:じろう(穴痔)

直腸内のくぼみに生じた炎症が悪化して肛門の外に続く一本の膿のトンネル(瘻管:ろうかん)ができる症状。痔瘻は、複数の過程を経て症状が現れます。

下痢などで肛門小窩に便が入る ⇒ 肛門周囲に細菌が侵入し炎症を起こす ⇒ 肛門周囲膿瘍となる⇒肛門周囲に排膿し瘻管が生じ ⇒ 痔瘻に至る

痔(いぼ痔・きれ痔・痔ろう)の原因とは

いぼ痔(痔核)の内痔核

トイレで用を足すときに便秘により排便のいきみが強く長時間同じ姿勢をとることが原因で発症しやすくなります。

いぼ痔(痔核)の外痔核

便秘・下痢・アルコール過多・辛い物の過多・長時間歩き回り・座りっぱなし・冷え・ストレスなどと原因は様々。

切れ痔(裂肛)

便秘により硬い便を力込め無理に出そうとするいきみで切れる。慢性的な下痢にともなう炎症により生じることも。

痔瘻(穴痔)

下痢やストレスなどに伴う免疫力低下により生じる。

痔が進行すると

痔は肛門の疾患であるため外科で診察を受けることに抵抗感がある方もいらっしゃると思いますが、状態が悪化すると腫れて激しく痛むことや裂肛を繰り返して潰瘍やポリープなどが生じることもあります!!お尻に異変を感じたら、早めに肛門外科へ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick