list

切れる前にお尻を守れ!痔の予防法

このエントリーをはてなブックマークに追加

痔とは、実際にかかってみなければ辛さがわからない病気で、なかなか実感を持ちづらい病気でございます。ただ痔になったことがある人から言わせると、基本方針は1つ「切れる前にお尻を守ること」が重要であるということ!!ここでは、注意すべき痔の予防法にはどのような事柄があるのか調べてみました♪

切れる前にお尻を守れ!痔の予防法

トイレでの痔の予防法

痔は肛門周辺で生じる疾患になりますので、トイレで用を足す際には痔が生じる原因になりうる事柄が様々あります。

  • 排便時にいきまないこと
  • 残便感があってもいきまない
  • 決まった時間にトイレに行く排便習慣を身につける
  • 短い時間でトイレを済ませる
  • 排便後はウォシュレットやシャワーで清潔にすること

などが、切れる前にお尻を守るために大切になります。

紙でお尻を拭いた場合は摩擦で悪化することもありますのでウォシュレットなどで洗い流す方が良く、また濡れティッシュを使うのでも良いでしょう。

飲食についての痔の予防法

食事と痔には関わりがないようにも思えるのですが、以下の事柄が長期に該当する方はご用心。

  • 香辛料の過多(唐辛子や胡椒など)
  • アルコールの大量摂取

などは、いずれも肛門に大きな負担が掛かることになります。

香辛料は身体に吸収されないため刺激が強いまま肛門まで送られてしまいます。
アルコールを過剰に摂取すると下痢を起こしやすく肛門周辺でうっ血が生じやすくなります。
飲食の節制もまた、「切れる前にお尻を守る」ために大切になります。

生活全般における痔の予防法

また、上記以外にも生活全般で気をつけられる予防をご紹介します。

  • 長時間同じ姿勢で立ったり座ったりしない
  • 入浴は毎日行いしっかり洗う
  • 食物繊維を多く摂取し便秘や下痢をおこさない
  • 腰を温めうっ血を防ぐ

などが挙げられ、肛門を守るためにエッセンスになります。

成るよりも 成らぬが良いよ その痛み

このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick