// //
list

えっ!そんな歯の磨き方あるの?イエテボリ法

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日の習慣として行っている歯磨き、あなたはどんな方法で磨いていますか?実は、歯磨きにもいろいろな磨き方があるのです。今回は、歯磨き粉をたっぷりと使う「イエテボリ法」という磨き方をご紹介します。

えっ!そんな歯の磨き方あるの?イエテボリ法

イエテボリ法とは

このイエテボリ法は、歯科先進国であるスウェーデンのイエテボリ大学で勧められている方法になります。イエテボリ法は、フッ素が配合されている歯磨き粉を使って、その虫歯予防効果をしっかりと引き出す歯磨き法です。

イエテボリ法の歯の磨き方

この磨き方で最も特徴的なのは、歯磨き粉をたっぷりと歯ブラシに付ける点です。フッ素入りの歯磨き粉を、2cmほどをたっぷりつけます。そしておよそ2分間かけて歯をしっかりと磨きます。磨く時はやさしく細かく歯ブラシを動かして、ゴシゴシと強く磨かないように注意しましょう。力の入れすぎはよくありません。そして、歯磨き後のうがいは約10mlの水で30秒間ほど、ブクブクうがいをします。うがいはこの1回だけです。一度磨いた後は2時間は飲食を控えるようにしましょう。

なぜ歯磨き粉を大量につけるのか

イエテボリ法では、なぜフッ素入り歯磨き粉をたっぷり使用するのでしょうか。その答えは、歯磨き粉に配合されているフッ素を最大限に活かすためです。フッ素の使用はお子様向けの虫歯予防と思われることもありますが、成人の場合でももちろん効果があります。特に成人の場合は、年齢と共に歯茎が下がりやすく、これまで歯茎で覆われていた歯の部分が露出してしまい、そこに虫歯が生じやすくなります。この部分をフッ素でコーティングすることは、虫歯予防に非常に効果的なのです。ですので、お口の中にフッ素の成分をできるだけ残すようにうがいは少ない水で1回だけとなっています。歯磨き後に2時間飲食を控えるのも、もちろんフッ素の効果をしっかりと長続きさせるためです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick