// //
list

えっ!そんな歯の磨き方あるの?バス法

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日の習慣として行っている歯磨き、あなたはどんな方法で磨いていますか?実は、歯磨きにもいろいろな磨き方があるのです。今回は、歯周病の予防に効果大の「バス法」をご紹介します。

えっ!そんな歯の磨き方あるの?バス法

バス法とは

バス法は、磨きにくい歯と歯ぐきの境目についてしまう歯垢を取り除く方法です。歯周病を予防・改善するために最適な歯磨き法です。ただし、歯の表面の汚れを落とすには物足りないので、スクラッビング法などと併用するのがいいでしょう。

バス法の歯の磨き方

バス法では、歯と歯茎の間の溝に毛先が入るような気持ちで、歯ブラシの角度を斜め45度に当てます。毛先は大きく動かさず、細かい振動を与えるように5ミリほどの幅で軽く動かして磨きます。歯を1本づつ磨くことを意識して、少しずつ歯磨きを進めていきます。

バス法はやさしくやわらかく

この磨き方は、歯茎と歯の境目の歯垢をしっかりと除去することができ、歯茎へのマッサージ効果もありますので、歯周病の予防には大きな効果が期待できます。
ただし、かための歯ブラシでゴシゴシと強く磨いてしまうと、逆に歯ぐきを痛めてしまいますので注意しましょう。歯ブラシを持つ手も、力が入り過ぎないように柔らかく軽く持つことがポイントです。やわらかめの歯ブラシを使い、ギュッと握らず、手の中に空間ができるように指先で軽くやわらかく持つようにするのがオススメです。歯ブラシを歯に当てたとき、毛先が開いて変形しているようであれば力の入れすぎです。あくまでやさしくやわらかく、力を入れすぎずに磨いてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick