// //
list

えっ!そんな歯の磨き方あるの?ローリング法

このエントリーをはてなブックマークに追加

歯磨きにも様々な方法があります。その中でも「ローリング法」について調べてみました。
ローリング法とは、その名の通り歯ブラシを上下にローリング(回転)させるように動かすもの。主に子供を対象にした親御さんが行う予防歯科の歯磨き法とも言えます。

えっ!そんな歯の磨き方あるの?ローリング法

ローリング法の歯の磨き方

このローリング法の歯の磨き方で最も特徴的なのは、歯ブラシを歯に当てたら水平に保ち歯ブラシを上下に回転させて磨く動作をおこない、上の歯は上から下に、下の歯は下から上に回転させます。
また回転させるだけでなく小刻みな振動も加え、歯と共に歯肉も含めてマッサージとブラッシングを行います。
一般的に歯ブラシを使う際には上下左右に押し引きの動作を繰り返すことになるのですが、ローリング法では回転運動で歯を磨く事になりますので、慣れるまでは多少は手の使い方に苦戦することもあります。

ローリング法は誰のため

歯ブラシの動かし方が難しいため子ども自身が行えるものではなく、親御さんが子供の歯磨きをする際に実践する方法になります。

なぜローリング法が良いのか

ローリング法を用いた場合は、歯のブラッシングはもちろんのことですが歯肉にも適度にブラシが当たることからマッサージ効果を及ぼすことができます。
歯並びにあわせるように磨くため歯の汚れや歯垢が落としやすく、また歯肉に対してはマッサージ効果もあります。血行を良くし歯肉を健康に保つことができる予防歯科の歯磨き法になります。

ローリング法は、歯の見える表面部の歯垢の除去や歯肉へのマッサージ効果が期待できる歯磨き法です。
しかし、歯茎へのブラッシングが出来ていないと歯垢がたまり歯石になる恐れがあります。歯磨き方法はひとつではなく、メリットとデメリットを考慮し複数組み合わせて行うと良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick