// //
list

えっ!そんな歯の磨き方あるの?縦磨き法

このエントリーをはてなブックマークに追加

歯磨きにも様々な方法があります。その中でも「縦磨き法」について調べてみました。
縦磨き法とは、歯の磨きづらい場所もブラシをあてて1歯ずつしっかりと磨くことができる歯科予防のための歯磨き法となります。

えっ!そんな歯の磨き方あるの?縦磨き法

縦磨き法とは

口腔内はでこぼこした形状になっており、特に歯に関しては歯が重なって生えている部位もあれば、下の前歯や歯の裏側などブラシが届きにくく磨きづらい箇所も多くあります。
この縦磨き法は。歯並びが悪い方でも歯ブラシの持ち方を工夫し、またブラシの部位ごとの特徴を捉えしっかり歯を磨くことができる便利な磨き方になります。

縦磨き法の歯の磨き方

縦磨き法の歯の磨き方で最も特徴的なのは、歯ブラシを縦に構えて上下方向に往復運動する点が挙げられます。
歯を磨く際にはまず軽く噛みあわせて、ブラシを歯に当てたら一つの歯ごとに3面に分けてそれぞれ1面ずつを磨き、歯の前側と後側をそれぞれ90度ずつ3回に分けて縦に磨く事になります。
歯に直角に当てることがこの歯磨きを行ううえで重要になるのですが、歯は曲面になりますので歯ブラシのつま先・わき・かかとのそれぞれの部位を上手く使い、常に歯に当たるようにするとよいでしょう。

なぜ縦磨き法が良いのか

縦磨き法を用いた場合は、歯を1本ずつ丁寧に磨くことができますので表面だけでなく歯間も含めて汚れや歯垢をしっかりと落とすことができますので予防歯科としては最適。
ただその一方で歯肉に対してのマッサージ効果はありませんので、とくに歯槽膿漏などの問題を抱えている場合はこれとは別途でマッサージを行うことが必要になります。歯磨き方法はひとつではなく、メリットとデメリットを考慮し複数組み合わせて行うと良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick