// //
list

えっ!そんな歯の磨き方あるの?フォーンズ法

このエントリーをはてなブックマークに追加

歯磨きにも様々な方法があります。その中でも「フォーンズ法」について調べてみました。
フォーンズ法とは、歯の広い面に対して一気に磨き上げることができる方法で、特に手の力が弱い幼児や歯が生え変わる時期の幼児、さらに高齢者の方にも適した予防歯科の歯磨き法となります。

えっ!そんな歯の磨き方あるの?フォーンズ法

フォーンズ法とは

このフォーンズ法では口腔を開かず歯を閉じた状態で磨くことになり、広い面に対して一気に磨くことができますので、表面をきれいにするために適した歯磨き法になります。やり方がシンプルなので、子供でも容易に理解し歯磨きをすることができます。

フォーンズ法の歯の磨き方

このフォーンズ法の歯の磨き方で最も特徴的なのは、歯ブラシを歯に対し横向きで直角に当てて、円を連続して描くように部位ごとにおよそ10回は円を描き、横にずらしながら歯の前面のみを磨く点が挙げられます。

口腔を閉じていることから上下の歯を一緒に磨くことができ、また一方で歯の裏面には歯磨きの効果が及びませんので、通常の歯磨きと同様に小さく前後に動かしながら裏面も磨くことになります。

なぜフォーンズ法が良いのか

フォーンズ法を用いた歯磨きは、歯の1本1本に対して磨くわけではなく容易に行える歯磨き法で、お子様でもわかりやすい点が大きなメリットになります。
歯肉に対してのマッサージ効果は中程度になりますが、力を込めることなく横に回転させていく動作ゆえに握力がない方でも歯磨きがしやすく、お子様はもちろんのこと高齢者の方でも容易に歯を磨くことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick