// //
list

永久歯が折れた。。さてどうしたものか。。。

このエントリーをはてなブックマークに追加

人間はおよそ6歳頃になると乳歯が取れて永久歯に生え変わるといいます。
生え変わる永久歯は、読んで字の如くその後生涯にわたり使い続けるものとなり、上下合わせると28本、さらに親知らずまで含めると32本の歯が存在することになります。

ただ長い人生の間では様々なアクシデントに見舞われる可能性があります。時に永久歯が折れることもあります。
ここでは、永久歯が折れた場合のシュミレーションをしてみます。

永久歯が折れた。。さてどうしたものか。。。

永久歯が折れるアクシデント

日常生活では転倒して地面に顔を打ちつけたり、思わぬ接触事故で前歯が折れたり、武道をされている方が顔面に一発もらい歯が折れることなどがあります。
また、変わったところでは異物入りの食品を噛んで折れたり、不運にも喧嘩に巻き込まれて折れるケースもあるのですが、いずれにせよ永久歯を失うことには大きなショックを伴うことになります。

治療方法について

では永久歯が折れた場合は歯科でどのような治療を受けることになるのでしょうか。
現在歯科で行われている治療としては、

  • 天然の歯根が残されているケースでは歯冠部に差し込む差し歯
  • 人工的な歯根を埋めてその上に人工の歯冠を作るインプラント
  • 歯を無くした箇所の両側の歯を加工して支柱にし、そこに被せるように一体型の人工の歯をつけるブリッジ

などが一般的に行われています。

どの治療方法がお勧めか

永久歯が折れた場合には様々な治療が考えられますが、いずれも現在の歯の状態によってどの治療法が適しているかが異なります。
まずは歯科医の診断を受ける中で最適な治療について聞いてみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick