// //
list

今更聞きづらい「歯周病」について

このエントリーをはてなブックマークに追加

歯周病はかなり以前から広く知られている口腔内の疾患になりますので、今更聞きづらい感じもあるのですが、どのような症状で何が原因で生じるのでしょうか。

今更聞きづらい「歯周病」について

歯周病とは

この疾患は歯の周辺の組織で発生する様々な疾患の総称として呼ばれているものです。歯周病は、歯と歯肉の境目にある歯肉溝に細菌が溜まり、その細菌によって歯肉内部や歯の土台となる歯槽骨間に炎症を起こします。腫れや膿、口臭のトラブルに繋がり、重度なものになると骨にまで悪影響を及ぼし抜歯をしなければならなくなる場合もあります。

歯周病の原因と症状

人間の口腔内には通常およそ300種類以上の細菌類が生息しており、普段から歯磨きなど適切なケアをしている分にはこの手の細菌が悪さをすることも無いのですが、ケアを怠ると細菌が粘性の高い物質を出して歯の表面に付着します。

この物質は歯垢(プラーク)と呼ばれるもので、内部には1mgあたり約10億個の細菌や虫歯菌が生息するといわれています。その細菌が歯肉に炎症を起こし、さらに歯肉内に細菌が入り込むと歯を支える土台の骨を溶かすこともあります。症状としては、炎症に伴う歯肉の赤みや腫れ・歯ブラシで出血・歯間の広がり・膿が出る・歯肉の退縮・歯槽骨が溶ける、などとより深刻度が増すことになり早期に歯科で治療を受ける必要があります。

治療方法について

以前は「歯周病は治らない」と言われていましたが、歯科診療の技術が進み現在では病状の進行を抑制し、健康な歯をとりもどすこともできるようになりました。歯科で受ける治療は状態によりそれぞれ異なりますが、基本的には歯磨きや生活指導・歯石除去・歯周外科・修復物のやり直し・抜歯などが行われます。歯茎に異常を感じている場合、まずは診察を受けてみましょう。

その他、私たちが自分でできることといえば、原因となる歯周病を溜めないようになんと言ってもまずは正しいブラッシングを身につけることです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick