// //
list

知らぬ間に侵略されている。。自覚症状のない虫歯について

このエントリーをはてなブックマークに追加

「あれ、歯が痛いかも!?」と思った時に高い確率でかかっているのが虫歯!
虫歯にも段階別に症状は色々とあるが、自覚症状が出てきた時には既に手遅れになっていると言っても過言ではない。
そんな虫歯について少し考えてみよう♪

知らぬ間に侵略されている。。自覚症状のない虫歯について

そもそも虫歯とは

虫歯とは?ざっくり、まとめてしまえば「歯の表面部分が溶ける」症状。

その原因は、虫歯菌と呼ばれる細菌にある!
虫歯菌は食べ物のかすの中でも、主に糖分をエサとして増殖する。
この増殖したものをプラーク、一般的には歯垢とも呼ぶ。
テレビで行っているCMなどで「プラークが!」と言っているのは、この歯垢のことを指しているのだ!!

プラークができると、細菌は酸を放出し、その酸が原因となって歯の表面部分が溶かされてしまう。
最も表層部分にあたるエナメル質が溶けるくらいの初期症状であれば、自然と修復されるのだが、上でも書いたように自覚症状がないことから放置してしまうことがほとんどだ。。

結果、プラークがたまった状態を放置していると、症状がどんどんと悪化し、歯の痛みを発生させてしまうのだッ!!
それでも治療をしないままでいると、歯の神経にまで細菌が入り込んでしまい、抜歯せざるを得なくなってしまう。。

虫歯の対策に必要なことは

では、虫歯の対策をするにはどうすれば良いのかと言うと、毎日の歯ブラシ(ブラッシング)を行うことだ。
そして、定期的に歯科医院へと通ってクリーニングをしてもらうことが、とても重要になってくる!!
独力だけでプラークの蓄積を止めるのは無理があると言ってもよく、毎日ブラッシングをしていても、どうしてもプラークはたまってしまう。。

そこで月に1度くらいの割合で歯科医院へと通って、クリーニングをしてもらったり、定期的な検診を受けるようにしておこう!!
早期発見すればするほど、治療費の軽減にもなるし、治療に対する痛みも少なくなるのです♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick