// //
list

歯周病からはじまる!?さらに怖い病気

このエントリーをはてなブックマークに追加

歯周病と言えば、人類が最も罹患(りかん)した病気としてギネス記録にも登録されているそうだ。
そんな歯周病だが、多くの人は歯茎の病気や歯が抜ける病気であるとイメージしているだろう。
しかし、実は歯周病とはもっと根が深い病気であると言っても過言ではない。

歯周病からはじまる!?さらに怖い病気

そもそも歯周病って?

歯周病とは歯の周辺組織の病気である。
細菌によって引き起こされる感染症の1種であり、歯周病菌が口腔内に定着することで炎症が起こりやすくなる。炎症が慢性的になると歯周組織が破壊されてしまい、最終的には歯が抜けてしまうのだ。

歯周病がもたらすその他の疾患について

歯周病はこれまで口の中だけで完結する病気だと考えられていた。
しかし、近年では研究が進み、全身に影響を与えるのではないかとも考えられるようになっている。
中でも代表的なものとしては心疾患がある。
心疾患とは高血圧や動脈硬化といったいわゆる生活習慣病が引き起こす疾患の1つなのだが、歯周病である人は心疾患を起こしやすい傾向にあるとの報告がされている。これは歯周病によって歯茎で起こった炎症物質が血液にのって、心臓にも届いてしまい心臓の血管にも影響を及ぼすからだと考えられているのだ。
つまり、歯周病が重篤になればなるほど、心疾患のリスクが高まると考えて良いだろう。

他の病気の合併症から歯周病が引き起こされる場合もある。
例としてあげられるのは糖尿病だ。糖尿病とは血糖を下げるホルモンであるインスリンが不足したり、上手く機能しなくなることで、高血糖と呼ばれる状態が続く疾患のこと。
症状が進んでしまうと合併症が起きやすい疾患としても知られているのだが、歯周病も糖尿病の合併症と考えられている。
その理由としては、糖尿病に罹患している人は歯周病になるリスクが高いこと、歯周病の治療が進むことでインスリンの機能が改善されることなどがあげられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick