// //
list

歯周病にならないための3つのポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人の8割以上が罹患(りかん)していると言われる歯周病は、かかってしまうとかなり厄介なものだと言える。何故なら、進行してしまうと元通りに改善するのは難しいからだ。適切な治療をせずにいるとそのまま歯周病が進行し、最終的には歯が抜けてしまうためインプラントや入れ歯などの義歯にお世話になっている人も少なくない。再生医療の研究も色々と進められているが、残念ながら未だ臨床試験の段階までは進んでおらず、今後の研究が待たれている段階である。

つまり、今できる最善の対策は、治療を期待するのではなく予防していくことだと言える。

歯周病にならないための3つのポイント

歯周病にならないための3つのポイント(1)定期的なクリーニング

歯周病にならないためには、ともかく歯をきれいに保つことだ。毎日の歯磨きをきちんとしているから大丈夫だと思う人もいるかもしれないが、ブラッシングだけで完全にきれいにできるものではない。

実は自宅でのブラッシングでは丁寧に磨いたとしても8割程度の汚れしか取れないと言われているのだ。日頃の歯磨きで落としきれなかった汚れは段々と蓄積され歯垢になり、やがて歯石へと変わっていってしまう。この溜まった歯垢や歯石が歯周病となる一番の原因なので、歯科医に通って定期的に歯をきれいにしてもらい、歯石を作らないことが歯周病予防の一番のポイントだと言える。

歯周病にならないための3つのポイント(2)歯石ができてしまったらスケーリング

歯磨きをきちんと行なっていたつもりでも、気がつけば歯石ができてしまっていたということも少なくないだろう。そんな時は、スケーリングである。これは歯科医で受けるクリーニングの1つで、歯石や歯垢を取り除くことを言うのだが、超音波スケーラーという機械を使うことからこう呼ばれている。個人個人によって定期的に通う頻度は異なってくるのだが、一般的には3ヶ月に1回はスケーリングを行うと良いとされている。

歯周病にならないための3つのポイント(3)歯周病予防効果のある歯磨き粉を使う

歯磨きを丁寧に行うこと以外にも、 日常でできるケアはある。最も代表的なのは歯周病予防の効果のある歯磨き粉などを使うことだ。様々なものが販売されているのだが、できれば医薬品に指定されているものを購入すると良いだろう。一般的な歯磨き粉よりは値ははるが、その分の効果は期待できる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick