// //
list

歯槽膿漏の治し方

このエントリーをはてなブックマークに追加

歯槽膿漏という疾患がある。
現在では歯周病という呼び方をされることもあるのだが、中高年の人が歯をなくしてしまう代表的な原因が歯槽膿漏なのだ。歯槽膿漏を放置していると歯を支えている歯槽骨にまで影響を与えてしまうと言われており、非常に重篤な症状を引き起こしかねない。
そこで歯槽膿漏を改善する方法を考えてみよう。

歯槽膿漏の治し方

歯槽膿漏の原因とは

歯槽膿漏の原因はプラークにある。
プラークとは歯垢のことであり、食べ物のカスや口内細菌が混ざったもの。このプラークが蓄積されて固まったものが歯石と呼ばれる。プラークはいわゆる歯周ポケットと呼ばれる歯と歯茎の間にたまることが多く、これが原因となって炎症を起こしてしまう。

歯槽膿漏の治し方とは

基本的に歯槽膿漏になってしまうと、自力で改善するのは不可能である。
そこで歯科医院に通って治療してもらうことになるのだが、先ず行われるのは歯のクリーニングだ。プラークや歯石といった炎症を起こす原因を取り除いていき、最終的には炎症を起こさないようにしていく。重度の歯槽膿漏になると、歯茎を切開して歯石やプラークを取り除くこともある。
それと同時に、どうしても治療できない歯については抜歯してしまうことも。抜歯した歯については、現時点では差し歯、入れ歯、インプラントなどの義歯を使って補っていくことになる。

歯科医院での治療とあわせて、自分でもブラッシングを工夫するのも良いだろう。改善の効果はなくても、促進するのを予防する効果は期待できるからだ。
近年ではジェット水流を用いて、口腔内をきれいに洗浄できるものもあるので、歯槽膿漏で悩んでいる時には利用してみてはいかが?

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick