// //
list

歯槽膿漏と歯周病の違い!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

歯周病と歯槽膿漏、口腔内の疾患としてはともに良く聞くものだ。
この2つの疾患については、同じようなものだとイメージする人もおおいだろうが、実際にはどんな違いがあるのかを考えてみます。

歯槽膿漏と歯周病の違い!?

歯周病とは

先ず歯周病について確認しておこう。
歯周病とは、口内にいる細菌である歯周病菌によって引き起こされるものだ。
歯肉、いわゆる歯茎などに炎症を起こすことで知られている。

歯周病の初期段階では歯肉炎を起こし、ブラッシングするだけで歯茎から出血する症状が見られる。
時には、膿が出るほどの炎症を起こしてしまって、酷い痛みに悩まされることもあるだろう。
この歯肉炎を放置しておくと症状は進みます。

歯槽膿漏とは

歯肉炎がある程度進行してくると歯周炎と呼ばれる状態になる。
歯周炎となると、歯茎の炎症以外にも口臭が起こるようになったり、歯周ポケットが深くなることから、歯がぐらぐらと動き出すようになってしまう。

これがさらに酷くなると、歯が抜けてしまったり、歯茎から血や膿が出てしまうようになるのだ。
この歯周炎の状態を、一般的に歯槽膿漏と呼んでいる。

歯周病と歯槽膿漏の違いとは

つまり、歯周病と歯槽膿漏は同じ疾患のことなのだが、症状の進行具合によって別れていると言ってもよいだろう。
しかし、近年では歯槽膿漏とは言わずに歯周病として統一して扱うことも多くなっているそうである。
一般の人が歯周病のことを歯槽膿漏と呼ぶことが多い傾向にあるように思う。

まとめ

歯周病、歯槽膿漏ともに1度かかってしまうと、完治するのは難しいものだと考えて良いだろう。
自分でしっかりとブラッシングをしているから大丈夫と高をくくっている人も多いのだが、きちんと定期的に歯科医院でクリーニングしてもらうことが予防には大切なことである。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick