// //
list

水虫ではないが手の皮がむける、その原因は?汗疱(かんぽう)かも!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

水虫と勘違いされやすいものの1つに汗疱がある。汗疱(かんぽう)とは正式には、異汗性湿疹(いかんせいしっしん)と呼ぶ。これは春や夏頃から症状が出始めて、段階的に症状が悪化していくものだ。

水虫ではないが手の皮がむける、その原因は?汗疱(かんぽう)かも!?

汗疱(異汗性湿疹)とは

異汗性湿疹である汗疱は主に、手のひらや指の先に発症する。小さな水ぶくれができ、その周辺に強い痒みを伴うのが特徴だ。

水ぶくれやその周辺を痒みからかいてしまうと、水ぶくれが破れてしまって、その部分の皮膚がジュクジュクとした湿潤状態になってしまう。結果、その部分が乾燥してかさかさの肌になるのが、汗疱である。水ぶくれ同士が近いところにできるとくっついてしまうこともあるので、注意しておきたい。

その症状が似ていることから水虫と勘違いされやすいのだが、汗疱と水虫はまったく違うものである。ただし、水虫を併発することもあるので、その点は覚えておこう。

汗疱(異汗性湿疹)の原因について

では、異汗性湿疹である汗疱はどうしてできるのかだが、1つは発汗が多いことである。その名の通りだとは言えるのだが、緊張や驚き、ストレスなどの精神的な要因から手のひらに多くの汗が出る精神発汗が大きな原因だとされている。汗をただかくだけのことなら特に問題はないのだが、精神性発汗の場合は発汗量が多くなりがちであり、発汗量が多くなると汗の出る穴である汗腺が詰まってしまうのだ。

結果、本来なら汗腺から排出される汗が皮膚の間にたまってしまい、水ぶくれができると考えられている。

汗疱(異汗性湿疹)の治療について

汗疱を治療する時には、主に発汗を抑えることが主軸となる。ステロイドや尿素が配合された保湿剤を使うことで症状を抑えたり、塩化アルミニウム溶液を使って発汗量を制限することが多い。これらの薬剤は皮膚科で診療後に薬局で渡されることが多い。

また、自宅で出来る汗疱の治療法として「ビオチン療法」という治療方法がある。ビオチンは皮膚の形成を手助けする働きがあるビタミン。「ビオチン」を摂取する際は、吸収効果を上げるため「ビタミンC」、腸内環境を整えるため「整腸剤」を合わせて摂ると良いでしょう。

また、根本原因であるストレスには解消方法を見つけること、蓄積した疲労をとるためにはゆったりした時間なども必要になるかと考えられます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

Editor's pick