// //
list

トイレが危険!!便器から性病が感染する危険性

このエントリーをはてなブックマークに追加

実は怖い性感染症

性感染症に罹患する人が増えているそうだ。
一般的には性病とも言われているのだが、実は幅広い感染をしてしまうことでも知られている。残念ながら性交渉をしなければうつることはない、コンドームをすれば大丈夫という知識だけでは不十分なのだッ!!

トイレがあぶない!!便器から性病が感染する危険性

トイレで性感染症がうつる場合がある

性交渉以外でも感染してしまう場所としてはトイレがある!

男性の場合

洋式便器に座った時に男性器の先端部分が便座の内側にあたってしまうということがある。公共施設で備え付けられているトイレは小さいので、これを経験したことがある男性も多いはずだ。

こうした時、仮に淋病の患者さんが前に使っていたとしよう。そして、同じように男性の先端が便器にあたっていたとすると、淋病に感染してしまう可能性がある。淋病になってしまうと、男性器の先端から膿が出てしまう。その膿が便座につき、そこから感染してしまうというケースになる。

女性の場合

洋式便器に座ったさいにトリコモナスが感染するそうだ。トリコモナスは、膣トリコモナス原虫と呼ばれる小さな虫が原因で起こる性感染症の1つとして有名である。

女性の膣内や子宮頸管などに寄生する虫が原因なので、便器に付着した虫が感染してしまうケースも少なくないそうだ。トリコモナスの場合、症状が出ないという女性も多いが、治療をしないままにしておくと、不妊症や流産などを引き起こしてしまう可能性もあるので、充分に注意しておきたい。

トイレからの性病感染を防ぐ予防法とは

では、どうすればトイレからの性病感染を防げるのかだが。
非常に細かいが外出先でトイレを使う時には、消毒をしてから使うようにすると良いだろう。最近では消毒用のアルコールが備え付けられている便器も多くあるが、まだまだ都市部だけのことである。感染が気になる場合は、小型のボトルなどに消毒用のアルコールを入れて持ち歩いておき、トイレを使う時には消毒を行うようにすることをお勧めしておく。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick