// //
list

五月病にかからない方法とは!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

進学や就職など春は何かと新しい生活が始まる季節である。
しかし、新生活から少し経つと、急にやる気がなくなってしまうこともあり、それらを五月病と呼んでいる。

五月病にかからない方法とは!?

五月病とは?

五月病とは心の風邪という人もいるくらい自然なものだ。
主な特徴としては、やる気が起きなかったり、何をしても楽しくなかったり、毎日が憂鬱になったりなどの症状があげられる。
誰しもが気分が落ち込んでしまうことはあるし、不安に思うこともあるだろうが、長くは続かず数日もすれば気分は変わるだろう。

しかし、1週間、2週間経っても鬱(ふさ)ぎこんでしまう気持ちが強い時は、五月病かもしれない。
症状が進んでしまうと、精神的なものだけではなく肉体にも影響が出てくることになり食欲不振や頭痛、不眠や眩暈などの症状も起こることがあるので充分に注意しておきたい。

五月病になりやすい人とは

五月病の症状を見ていると、うつ病の症状に似ていることに気づく人も多いだろう。
うつ病を起こしやすいとされるタイプの人は五月病にもかかりやすいとさているのでチェックしておこう。
生真面目な人、几帳面な人、責任感の強い人などが該当する。心当たりのある人は気をつけておきたいところだ。

五月病にかからないようにするには

では、五月病になってしまう最大の原因はどこにあるのでしょうか?
それは心理的に孤立してしまうことだと言われています。
そこで五月病にならないためには、積極的に周囲の人に話しかけるようにすることが大切!

周囲の人の方から声をかけてくれれば良いのだが、それでは他力本願になってしまうので、解決にはならない。
なので、自分から声をかけるようにすると良いだろう。
人と話をするだけで、意外と心が軽くなるものなので、昼食に誘ってみたり、遊びに誘ってみるなど、自分から動くことが肝要である。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick