list

風邪をひいたら、耳鼻科と内科どっちに行く!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

風邪の症状は様々である。のどが痛い。鼻水が止まらない。熱がでる。そんな時、内科に行った方が良いのか、耳鼻科に行った方が良いのかと悩むことも多いだろう。そこで内科と耳鼻科の違いについてまとめておくので、参考にして貰いたい。

風邪をひいたら、耳鼻科と内科どっちに行く!?

内科と耳鼻科の違いについて

総合病院では多数の診療科目があるので、受付で症状を伝えれば該当する診療科に案内してもらうことができるため、悩む必要はない。しかし、一般的な町中にある個人が経営しているクリニックの場合、専門的な診療科目となっていることも多いので、風邪の場合は内科か、耳鼻科かと迷うことも少なくない。

そこで、両診療科の違いを説明しよう。

内科とは、基本的に体内の臓器に関係する疾患を診てくれるところで、外科以外の総合的な診療に近いものがある。クリニックによって診療内容は異なるが、【一般内科】【循環器内科】【消化器内科】などが含まれる。必要によっては、より高度な治療を受けられる病院を紹介してもらうことになるので、とりあえずの選択肢としては妥当だ。
一方、耳鼻科は、耳、鼻、喉、口、首、気管などに起こる疾患を中心に診てくれる。花粉症、アレルギー性鼻炎、中耳炎、口内炎をわずらう人が主な受診者だが、鼻水が酷い、咳が止まらないというケースでは、風邪も該当する診療科目になる。

内科と耳鼻科の重なる疾患

内科と耳鼻科、そのどちらでも対応してくれる疾患は複数ある。代表的なものとしては、花粉症、インフルエンザ、アレルギー性鼻炎、扁桃腺炎や咽頭炎、風邪などである。風邪については、診察領域が重なっていることが多いため、内科でも耳鼻科でも診察可能だということだ。ただし、風邪の場合は特効薬といったものがなく、治療に関してもできることが限られている。

つまり、必ずしも病院にかかる必要はないのである。基本的には静養を行って、体力をじっくりと回復させることが大切であり、症状が出始めてから市販の風邪薬などを服用することで充分対応可能だ。ただし、熱が上がりすぎてしまった場合では内科へ、鼻水や咳が1週間以上も止まらないような場合は耳鼻科を受診してみると良いだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick