list

みんな違ってみんな痛い!偏頭痛の種類と原因

このエントリーをはてなブックマークに追加

世のサラリーマンの職場を見回すと、頭痛に悩む人が結構多いそうだ!!
悩みの種、頭痛の原因だが、大きく分けると2つに分類できる。
1つは、明確な原因となる疾患がないのに繰り返して起こる「一次性頭痛」だ。
2つ目が、原因となる疾患がある「二次性頭痛」である。
この内、いわゆる頭痛持ちと呼ばれる人たちが属することになるのが、一次性頭痛になる。

みんな違ってみんな痛い!偏頭痛の種類と原因

一次性頭痛の種類について

一次性頭痛には複数のタイプがあるのですが、緊張型頭痛、偏頭痛、群発頭痛と分けることができ、さらにはそれらの混合タイプが確認されている。

緊張型頭痛

年齢性別問わず最も多くみられる一次性頭痛。
長時間のデスクワークなどで同じ姿勢を維持し首から頭にかけての筋肉が緊張し発生。主な症状として、首・肩のこりがある、軽いめまいがある。

偏頭痛

20代?40代の女性に多く見られる一次性頭痛。
主な症状として、ズキンズキンと波のある痛みや体を動かすとガンガン響く痛み。

群発頭痛

女性がかかりやすい偏頭痛に対し、20代?40代の男性がかかりやすい一次性頭痛。
アルコールの摂取、タバコや気圧の変化などで症状があらわれやすいといわれています。主な症状として、目の奥への激痛。

一次性頭痛の原因ははっきりとしていないのだが、現在主流となっているのは、首や肩など頭部周辺の筋肉が緊張すること、もしくは頭部の血管が拡張することで起こるという説になる。

偏頭痛について

偏頭痛とは一次性頭痛の中でも緊張型に次いで多いタイプだそうだ。
とくに20代から40代にかけての女性に多く見られるので、この年代の女性が頭痛に悩んでいる時には、偏頭痛であると考えることができる。
その原因は上でも書いたように明確にはなっていないが、頭蓋骨内にある血管が拡張し炎症を起こすことが痛みの発生源であると考えられているそうだ。

ストレスや疲労の蓄積など、原因は仮説としてあげられているが、結論は出ていない。女性に多く見られることから女性ホルモンが影響しているかもしれないと考えられている。

偏頭痛の対策について

偏頭痛の原因として血管の拡張があることから、血管を広げてしまう行為はかえって痛みを促進させることがあるそうだ。
つまり、入浴をしたり、運動をしたり、マッサージをするのは避けておいた方が良いだろう。
こめかみを押さえて血流を阻害するようにしたり、こめかみを冷やして安静にすることが第一の対策として有名である。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Editor's pick