list

肩に激痛。。これが噂の五十肩ならぬ四十肩!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

肩こりに悩んでいる人の中には、強い痛みを感じている人も少なくない。腕を動かそうとした時に、突然肩に激痛がッ。。これが噂の五十肩か!?でもまだ年齢は五十代ではないし。実は肩の痛みには、五十肩ならぬ四十肩という症状もあるそうです。

肩に激痛。。これが噂の五十肩ならぬ四十肩!?

四十肩(肩関節周囲炎)とは

四十肩、五十肩とは加齢に伴って起こる肩関節部分の痛みである。正式には肩関節周囲炎と呼び、加齢が原因で起こるものだとされている。その名の通りに、肩関節周辺の組織が炎症を起こしてしまい、強い痛みを感じる疾患だ!特に急性期には、かなりの痛みを感じることになり、腕を動かそうとするだけでも激痛が走ることもある。

日常的な動きをするのにも制限がかかってしまい、痛みで眠れないこともあることから、精神的にも疲弊してしまう人が多い。。肩の動きをサポートする関節には、炎症を起こしやすい箇所があり、よく起こしていると老化現象を早めてしまうそうだ!老化が早まると、関節周辺の人体や筋肉などが硬くなってしまい、さらに炎症を起こしやすくなる悪循環を繰り返してしまうことになってしまう。

四十肩の対策について

四十肩の原因は基本的に日常生活での負担にある。
ちょっとした動作であっても炎症を起こしやすい箇所があるので、ともかく予防のスタートは20代から行っていくと良いだろう。具体的な対策としては、肩こりの予防となることを行う、腕を大きく動かすようにしておくことが大事!特に社会人になると腕を大きく動かすことは少なくなるので、ストレッチをしたり、体操をするなどして腕を大きく動かすことを心がけると良いだろう。

肩こりの予防法

基本的に肩周辺の筋肉を温めることが重要だ。
適度な運動をしたり、湯船にしっかりとつかるなど血流を促進させると良いだろう。また、姿勢を良くするのも肩こりには重要な対策となる。ほかにも、カップラーメンなどのジャンクフードだけでの栄養摂取ですと筋肉が運動するための栄養素が欠乏します。バランスの良い食事も予防方法としてあげられます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick