list

肩こりの基礎知識(タイプ別の原因と肩こりになるメカニズム)

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人の多くが肩こりに悩まされています。特に近年では仕事で主にパソコンを使うことから肩こりを訴える人が増加しているそうで、酷い時には肩こりだけではなく頭痛や眩暈なども起こしてしまうそうです。

肩こりの基礎知識(タイプ別の原因と肩こりになるメカニズム)

肩こりの原因とは?

肩こりが起こる原因は実に様々です。代表的なものを紹介しますと、先ずは姿勢による原因が挙げられるでしょう。デスクワークをしている人に多いケースですが、同じ姿勢を長時間とることによって筋肉が凝り固まってしまいます。筋肉が硬くなることで血管も締め付けられてしまい、血流が阻害されます。結果的に疲労物質が蓄積してしまって肩こりが発症してしまうのです。

他に主な原因として心因性のものがあります。緊張状態になると肩に力が入っていると言われることも多いですよね。
ストレスなどを慢性的に受けていると、この常に緊張状態である「脱力できない状態」になってしまい、結果として筋肉が凝り固まってしまって肩こりを起こしてしまいます。

目の疲労からくるケース

最近若い人たちに増加傾向にある肩こりの悩みが、この目の疲労からくるケースです。PC、スマートフォン、さらにはゲームなど。現代人は非常に近いところを見ることが多く、目を酷使することによって、肩こりを起こす筋肉が緊張してしまいます。

この筋肉の緊張が長時間続いてしまうと、肩こりを引き起こしやすくなるのです。また、目を酷使することで精神的なストレスを多く受けてしまい、それが自律神経に作用して肩こりが悪化することもあります。

肩が冷えることからくるケース

夏場に冷房のきいた部屋にいたり、冬の寒い日などは意識をしないうちに身体は自然と緊張状態になります。これは毛細血管を収縮させて体温を逃がさないようにするといった身体のメカニズムなので、意識して身体を縮めているわけではありません。結果、寒い場所にいることによって筋肉が緊張状態を続けてしまって、肩こりを引き起こしてしまいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick