list

そうなのか!つらい『咳(せき)』を抑える方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

風邪をひいたときの症状の1つに、咳があります。体内のウイルスを排出し、呼吸器を守るために咳が出るのです。

1、2回であればそこまで気になりませんが、立て続けに咳が出ると苦しいものです。そんな時のために咳を止める簡単な方法を覚えておきたいものですね。

そうなのか!つらい『咳(せき)』を抑える方法

温かい飲み物を飲む

咳が酷い場合、のどが炎症を起こしているケースが多いので、温かい飲み物でのどを温めて潤い補給をしてあげることが大切です。はちみつやゆず、しょうがは抗菌作用を持っていますから、これらが入った飲み物は特にオススメです。また、冷たい飲み物は気管を収縮させるため、症状がひどくなる場合もありますから控えておきましょう。

ツボを押す

咳を止めるのに効果的なツボはしゃくたくこうさいてんとつの3つと言われています。しゃくたつは肘の内側、こうたいは手首の親指側、てんとつは左右の鎖骨をつなぐ線上の中心部にあります。ツボ押しすることにより気道が緩みますので咳が止まりやすくなるのです。

漢方薬を試す

咳を鎮めるために漢方薬を試すのも効果的です。漢方薬は本当に多くの種類があり、咳を鎮める効果がある漢方薬だけでも10種類以上あります。種類により効能も違いますので、自分の咳の症状に合わせて処方してもらうのが良いでしょう。薬局でも気軽に売っていますので、薬剤師さんに相談しておすすめのものを出してもらいましょう。

ウイルスを体外に出すための咳ですが、辛くて生活に支障があるようであれば抑えてしまいましょう。
また、上記の対策を行っていても適度な湿度がなければ咳を発症してしまいますので、部屋の乾燥対策も忘れず行ってくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Editor's pick