// //
list

タイプ別『冷え性』の対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加

冷え性はつらいものです。一度経験してしまえばもう冷え性にはなりたくない!と思うことも多いでしょう。なかなか改善されにくいものですが、症状に合わせた対処法を実行すれば辛さは和らぎますよ。冷え性にもタイプがあるので、タイプ別に症状や改善策を考えてみましょう。

タイプ別『冷え性』の対処法

全身冷えタイプ

全身に冷えを感じるタイプは、内臓機能が低下している可能性があります。疲れやすかったり体調がすぐれないことが多いようです。解消法としては内臓機能をアップさせることが大切で、インナーケアが必要なのです。インナーケアで手始めにすると良いのは、食の見直しです。食事の基本は3食キチンと摂ることと、タンパク質を十分に摂ることです。食材や調味料には、身体を温めるカボチャネギショウガトウガラシなどを使い身体を芯から温めましょう。

下半身冷えタイプ

足先や腰だけがほかの場所より冷えるタイプのことです。下半身が冷えると膀胱炎の原因にもなりますから改善したいところです。解消法としては、ふくらはぎの筋肉を集中的に動かすようなエクササイズがオススメです。中でもウォーキングはふくらはぎの筋肉も刺激される上、全身も温かくなるので冷え性にはぴったりです。また、足裏のツボを押したりマッサージをするだけでも改善されます。下半身の血流がよくなるようにメンテナンスを行いましょう。

精神的冷えタイプ

精神的なダメージが冷え性に繋がっているタイプです。このタイプはストレスが原因になっていますので、解消するにはストレス発散をすることが第一です。軽い有酸素運動をすると気分転換になりますので、ウォーキング水泳などがオススメです。その他、アロマや香りの良いハーブで心を落ち着かせリラックスできる環境を作りましょう。

水分量で冷えるタイプ

体内の水分量が多い、また少ないことから新陳代謝が低下して冷え性を発症することがあります。水分量が多い人は水分を過剰に摂取している状態で、摂取した水分が腎臓で処理しきれなくなると、体に水分が溜まっていき体を冷やしてしまうのです。逆に、水分の摂取量が少ない場合も代謝が落ち、体に水分を溜め込んでしまいます。この場合の対処法としては、水分代謝をよくするために半身浴や有酸素運動をすることです。冷え性改善の他にもむくみ解消、リラックス効果がありますよ。

冷え性にも色々なタイプがあることが分かりました。タイプ別の解消法を試すことで冷え性が緩和することができますから、是非チャレンジして下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick