// //
list

髪を豊かにする食べ物(AGAでは食生活も原因としてあげられるが、髪に良い食べ物とはなんだろうか)

このエントリーをはてなブックマークに追加

髪を気にせず外出や恋愛、レジャーなどを心から楽しみたい男性の方は必見です。

AGAを食事から改善する方法があるのです。薄毛だと恋愛にも消極的になりがちですが、男性らしい毛髪を保つことで積極的になることができます。

髪を豊かにする食べ物(AGAでは食生活も原因としてあげられるが、髪に良い食べ物とはなんだろうか)

薬だけでは改善できない!

薬で薄毛を簡単に治せるとは思わないことです。薬は発毛や育毛を促進させる成分の分泌を促すための、あくまでも補助的な役割だということを覚えておいてください。薬を使用すると同時に頭皮を清潔に保つこと、生活習慣を正すことにより改善されます。

生活習慣の中でも、特に重視したいのが食事です。私たち日本人は豊かな食生活を送っているため、知らない間にあまり体によくないものも食べてしまっています。本気で毛髪を強くしたいと考えているのであれば食生活をガラリと変えていきましょう。

1日2食にする

わたしたちは今、1日3食が当たり前となっていますが、必ずしも3食食べる必要はないと言われています。研究者によっては、むしろ3食は食べ過ぎなのではないかと言っている人もいるようです。というのも、食べ物を消化するのにはエネルギーを使うため、食べる回数や量が多いほど内臓を休ませる時間が減り、負担を掛けてしまうというのです。負担がかかり過ぎた内蔵はさらさらの血液を作ることができず、健康な髪を育むことができません。内蔵に負担を掛けすぎず、必要なエネルギーをとることを考えたら2食が丁度良いようです。

バランスの取れた食事を

食事はバランスよくが基本です。炭水化物、野菜や肉、魚類、ひじきや昆布、大豆製品を主に摂りましょう。特に大豆製品は毛髪を豊かにする食べ物として有名ですので、豆乳などをドリンクの代わりに飲むようにすればよいでしょう。特に良質なたんぱく質は毛髪を構成する成分なので、しっかり摂りたいところです。また、ビタミンやミネラルも毛髪を育成するためには必要な成分ですから、野菜や果物なども欠かさず食べることが必要です。

薬に頼るのも良いですが、まずは体を変えていかなければ一時的なものに終わってしまいます。それでは意味がないですよね。そのためにも食事療法はかなり重要になってきます。髪に良い食べ物、豆類を中心としてビタミンミネラルを多く含む海藻類を主に食べると髪の毛もイキイキとしてきますので、薄毛に悩んでいる人はぜひお試し下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick