// //
list

お風呂でできる!『冷え性』対策

このエントリーをはてなブックマークに追加

冷え性対策はお風呂の入り方がポイントとなります。手軽にシャワーだけでバスタイムを終了してしまう現代人は多いのですが、ちゃんと湯船につかるようにしましょう。特に冷え性の人は湯船で芯まで温まるほうが冷え性の改善に繋がります。中でも半身浴は冷えた下半身をじっくり温めてくれますから特に良いでしょう。ちょっとぬるいな、と感じる40度以下でじっくり温まる方法がオススメです。

お風呂でできる!『冷え性』対策

冷え性に効果的な入浴方法あれこれ

まずは、お湯と水に交互に浸かる入浴法です。血液の循環が良くなること、そして皮膚に刺激を与えることで自律神経を刺激し、その機能を高める効果があります。銭湯などには水風呂がよくありますが、家の場合は水風呂の変わりにシャワーを使うことで簡単に実践することができます。

また、湯船に浸かるときは38度から40度のぬるめのお湯で、30分位かけて半身浴をするのがおすすめです。血行が滞りがちな下半身を集中的に温めることにより溜まっていた血液が全身をめぐるようになるのです。自然と上半身にも汗をかいてくるのが分かるでしょう。

お風呂に長時間入るのが苦手な人には、足湯もおすすめです。体に負担がかからないため長時間浸かることができますし、足元を温めることで血行が良くなり、全身を温めることができます。

更に効果アップしたい人はこれ!

湯冷めしにくい「薬草浴」を試してみてください。冷え性に効果的だといわれるヨモギやハッカ、ユズやドクダミなどを湯船に入れる入浴法です。いつもと同じ様にお風呂に入っているだけでも、薬草の効果でいつもより体がポカポカする、体のポカポカが持続していると感じると思います。薬草入りの入浴剤も市販されていますので、ぜひ試してみてください。

その他にも、お酢やお酒(日本酒)を入れても同じ様な効果を得ることができます。あなたが取り入れやすい入浴法で冷え性を簡単に取り去りませんか?入浴は毎日行うものですから、続けるうちに自然と冷え性改善にも繋がるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick