// //
list

沈黙の臓器「肝臓」アルコール性脂肪肝について

このエントリーをはてなブックマークに追加

「酒は百薬の長」と言いますが、飲酒する中でその量が増えてくるようになると様々な疾患を引き起こすこともあります。アルコール性肝炎やアルコール性肝硬変などはよく聞かれるところですが、いずれも沈黙の臓器と呼ばれる肝臓が蝕まれることとなります。

沈黙の臓器「肝臓」アルコール性脂肪肝について

初期段階の異常

アルコール性肝炎やアルコール性肝硬変などの病気はいきなり発症するわけではありません。初期段階でまずはアルコール性脂肪肝から発症することになるのですが、このアルコール性脂肪肝はどのような症状があり、またどのような対処法が有効なのでしょうか。

病気の原因

まずアルコール性脂肪肝の原因についてですが、お酒を多く摂取するようになると肝臓がアルコールを分解する機能を越えることがあり、そのような状態の中大量飲酒が継続して行われると、分解が追いつかないまま代謝の際に合成される脂肪が肝臓内に蓄積され、周囲の肝細胞に障害を与える事になります。

症状について

アルコール性脂肪肝の症状としては、肝臓の異変としては比較的に早い段階で生じるものであり自覚症状はまったくありません。沈黙の臓器といわれるように自身で察知することはできないのです。
外科的には血液検査でAST優位の上昇を示したりγ-GTPで上昇傾向を示すことから判別できるのですが、後はご自身で飲酒量から異変について予測する、または常日頃からご自身の飲酒量についてセーブをするという方法しかありません。

対処法

最後にアルコール性脂肪肝の対処法についてですが、まず禁酒を行うことが大前提になり、次の健康診断までは徹底して我慢しましょう。様々な誘惑があるとは思われますが、そこは心を鬼にして少し努力をしてみましょう。ただ外科的に見たときにアルコール性だけでなく非アルコール性の脂肪肝も疑われますので、飲酒量のみならずご自身の体重や体型についてもよく確認し、懸念がある場合はダイエットなど食生活改善も外科的に必要になる場合もあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick