list

沈黙の臓器「肝臓」アルコール性肝繊維症について

このエントリーをはてなブックマークに追加

アルコールは適度に飲むことで日々の活力の源も、また一日の疲れを癒すこともできます。しかしお酒はつい羽目を外してしまうと二日酔いに陥ることや、時に楽しいだけで納まらずアルコール依存を引き起こすこともありますので、節度を持ち楽しむことが肝要です。

沈黙の臓器「肝臓」アルコール性肝繊維症について

過度な飲酒の悪影響

ただひとたびアルコール依存に陥ると肝臓に様々な病気を引き起こすことになるだけでなく、物言わぬ沈黙の臓器と呼ばれるだけに怖い部分もありますが、その中でもアルコール性肝繊維症はどのような症状がありまたどのような対処法があるのでしょうか。

病気の原因

まずアルコール性肝繊維症の原因について考えてみましょう。飲酒量が増えていく中で肝臓には脂肪が溜まりやすくなり、結果的に脂肪肝と呼ばれる状態になることがあるのですが、この状態が進行すると肝細胞の周囲や中心静脈などに細い線維ができ、さらに飲酒を繰り返す中で繊維化が一層進み繊維症を発症することとなります。

症状について

では症状はどうでしょうか。アルコール性肝繊維症の症状として厄介であるのは、(沈黙の臓器という事で)外科的に見たときに無症状になりご自身にはまったく分からず、わずかに発熱・肝臓の痛み・食欲不振・吐き気・嘔吐などがある場合もあるということです。このように表現したのはもちろん無い場合もあるということです。そうなった場合はご自身だけで症状を確認するのは非常に難しいと言わざるをえないでしょう。

対処法

最後にどのように対処すれば良いのでしょうか。アルコール性肝繊維症を発症した場合の対処法は、飲酒量を減らすことで症状がなくなるわけではなく、例え依存があってもきっぱりお酒を止めることが重要になります。減らすだけでは不十分なのです。きっぱりと断酒をしてください。

外科的な見地から食事に関しては高たんぱく・高ビタミンの食事を取ることが求められ、またアルコール依存がある場合は外科だけでなく精神科にも訪れ指導を受けることが重要になります。結果的に複合的に受診する必要があり、そういった面からもやはり日頃の注意や観察が必要となってきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick