// //
list

睡眠時間にもタイプがあった!!睡眠時間でわかる性格について

このエントリーをはてなブックマークに追加

睡眠にもタイプがあるってこと、知ってた?2つのタイプに分けることができて、ショートスリーパーとロングスリーパーという分類に分けられるんだ。

ショートスリーパーは寝つきが早く、深い睡眠をとることができるから短時間でも充分な睡眠をとることができるの。でも、ロングスリーパーは眠りが浅い場合が多く、長く寝なければ寝た気がしないというワケ。どちらのタイプなのかは性格による特徴があるらしくて、ロングスリーパーは失敗や悩みを真っ向から受けとめる人が多くて、脳がたくさん使われるのでロングスリーパーになるとも言われているんだって。一方、ショートスリーパーは失敗してもくよくよしないで軽く受け流せるという特徴があるみたいだよ。

睡眠時間にもタイプがあった!!睡眠時間でわかる性格について

タイプによって、向いている職業も違う?

性格による違いがあるから、職業にも向き不向きの傾向があるんだって!面白いよね。ロングスリーパーは周囲に溶け込むのが苦手で、どちらかというと内向的みたい。だから、自分の世界感を求め続ける研究者や芸術家に向いているんだ。ショートスリーパーは人付き合いが得意で、外交的。周囲の状況に柔軟に対応できるから政治家や実業家に向いてるっていう傾向があるんだって。

あの有名人は、どっちのタイプ?

ロングスリーパーは、じっくりものを考えるのが得意で創造性、そしておだやかな性格が多いみたい。有名人ではアインシュタイン、シェイクスピアなんかがいるらしいよ。2人とも毎日10時間以上寝ていたそうなんだ。確かにものすごく頭を使っていそうだから、脳を休めるのに十分な睡眠が必要だったのかな?なんて思っちゃうよね。

ショートスリーパーは外向性で精力的、活発でいわゆる短気な性格が多いみたい。このタイプの代表的な有名人はナポレオンや織田信長なんだって。常に戦争をしていて、激しい性格のイメージがある人たちだから、なんだか納得だよね。

睡眠タイプは遺伝で決まる

こんな睡眠時間の差は遺伝子レベルで受け継がれるものらしくって、もともと持って生まれたものらしいの。途中からショートスリーパーに、ロングスリーパーになろうと思ってもなれないんだよね。まぁ、普段からそんなことできないって分かっているけれど。

普段から自分のベスト睡眠時間を知っていると、生活がしやすいよね。色々試してみて自分のベストスケジュールを作れる1日を探し出してみて!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Editor's pick