// //
list

なるほど納得!お肌と睡眠の関係について

このエントリーをはてなブックマークに追加

年を重ねるごとに気になるお肌については、毎日のケアを欠かさず保湿を行い栄養分をしっかり補う方も多いのですが、その一方で最も重要なしっかり寝ることをおろそかにしているケースが多く見受けられます。どちらも疎かにすることはできませんが、どちらかと言えば現代人の場合、後者の方がないがしろにされているといっても過言ではありません。このお肌と睡眠の関係についてはよく聞かれるところになりますが、双方にはどのような関係性があるのでしょうか、見ていきましょう。

なるほど納得!お肌と睡眠の関係について

夜間のホルモン分泌

まず夜間の睡眠は身体を休める効果があるのですが、体内ではそれだけではなく成長ホルモンの分泌が行われており、昔から寝る子は育つといった話もよく言われてきました。この成長ホルモンは成長期の子供だけでなく成人以降にも分泌されることになり、特に成人以降はダメージを受けた肌を修復すると共に肌をより美しくする効果が期待できます。

肌のゴールデンタイムに気をつける

ただ成長ホルモンを正常に分泌させるには単に寝る時間を長くすれば良いわけではなく、肝要なのは肌のゴールデンタイムと呼ばれる時間帯に床に付くことなのです。具体的には夜22時から深夜2時までの間にしっかりと寝ることでホルモン分泌が正常に行われるとされています。

一方この肌のゴールデンタイムについては医療の専門家から異説が唱えられており、成長ホルモンが分泌されやすいのは入眠してから3~4時間経過した後だとされる話もあり、医療の専門家の中でも様々な説があります。いずれにせよあまり夜更かしをしないということは成長ホルモンとお肌との関係から見ても重要であることには違いありません。

肌ケアの第一歩は寝ることから

上述のとおりお肌と寝ることには大きな関係性がありますので、夜はしっかり寝て早寝早起きを心がけることは肌の状態を健康に維持するために重要であり、適切な睡眠は医療の面から見ても重要になります。ご自身の睡眠の質を一度見なおしてみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick