list

トイレで夜中に起きてしまう。。頻尿改善法3選

このエントリーをはてなブックマークに追加

女性はトイレが近いとも言いますが、緊張するとより行きたくなるとか、コーヒーを飲むと回数が増えるなど、頻尿で困っている人は多いようです。トイレに行きたくなって夜中に2回3回起きてしまう『夜間頻尿』で困っている人へ、ここでは寝ている間にトイレに立つことがないようにぐっすり眠れる方法を考えていきましょう。

トイレで夜中に起きてしまう。。頻尿改善法3選

寝る前の飲物を控える

夕食時についついお酒を飲みすぎたり、眠る前に何かを飲む習慣がある人はその時間を早めるなど対処をしましょう。特にお酒とカフェイン入りの飲み物は注意です。お酒は飲み過ぎると眠りを浅くしてしまいますし、晩酌程度にしておきましょう。カフェインは利尿作用があるため、コーヒー、紅茶、緑茶などカフェイン入りの飲料はできれば夕方以降は控えるようにしてください。

日常的に軽い運動をする

軽い運動をすることも、夜間頻尿の改善には効果的です。夜中に起きることが習慣化されてしまうと、尿意がなくても目が覚めてトイレに行くことがクセになってしまいます。日頃から軽い運動をして心地よい疲れを感じることで深い眠りにつけるようになるでしょう。

寝る前の足のむくみをとっておく

足に水分が溜まっていると、この水分が寝ている間に逆流して尿意をもよおすことになります。この場合はむくみを取るようにマッサージする、血流を良くするために湯船に浸かるなどをしてから就寝すれば夜中に起きなくて済むようになるでしょう。足に溜まった水分を尿として排泄するには3~4時間かかると言われているので、マッサージにしろ入浴にしろ、就寝の3~4時間前までに行うようにしてください。

頻尿改善法まとめ

以上、夜間頻尿の改善法をご紹介しました。上記の方法を実践すれば、夜中にトイレに行く回数をだんだんと減らすことができるでしょう。
あなたのライフスタイルにあったやり方で水分調整を行い、快適な睡眠を確保しましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Editor's pick