list

言い出しにくいけど治したい「大陰唇肥大」の治療法

このエントリーをはてなブックマークに追加

ひっそりと女性が悩んでいることとして大陰唇肥大があります。非常に大きな悩みだけど、恥ずかしくて人には言えないという人も多いそうですが、1人で悩みを抱え込んでしまわずに専門家に相談するのも視野に入れておくと良いでしょう。ここでは大陰唇肥大についてスポットをあててみます。

言い出しにくいけど治したい「大陰唇肥大」の治療法

大陰唇肥大とは

女性の性器には陰唇と呼ばれるモノがあります。陰唇とは女性器を保護するための外性器であり、大陰唇と小陰唇の2つに分けることができ、大陰唇とは太ももの付け根と小陰唇の間にある脂肪組織のことですね。大陰唇肥大とはこの大陰唇が大きくなってしまうことを指しています。基本的にこの大陰唇の大きさには個人差があり、他人と比較しても通常の範囲内だとしても、気にしてしまう女性が多いようです。サイズが大きいからといって特に問題はないのですが、やはりコンプレックスから解消されたいと思う人も少なくありません。

大陰唇肥大の治療

大陰唇肥大を治療する方法ですが、一般的には切除するか吸引するかの2通りとなります。切除をする場合は、たるんでいる部分や色素沈着を起こしている部分を切除することで、見た目的にも小さくして、きれいに整えると考えて下さい。

もう1つの吸引とは、大陰唇が脂肪組織であることから、恥丘部分を少しだけ切開して、そこから脂肪吸引を行って小さくする方法です。いずれにしても難しい手術ではないので失敗することは少ないでしょう。

大陰唇肥大を治療するメリット

上でも触れましたが、大陰唇が大きいことで悩み、精神的に大きな負担になっている女性も少なくありません。中には、精神的な疾患を引き起こしてしまったり、男性と接触するのを拒むようにもなってしまう人もいるようです。手術で小さくすることによりコンプレックスが解消され、悩みから開放されるのは大きなメリットでしょう。結果、性格が明るくなるといったこともあるので、まずは医療機関で相談してみることをお勧めしておきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick