// //
list

食べたら痩せるかも!?脂肪を燃やす食べ物とは!

このエントリーをはてなブックマークに追加

辛いつらいダイエット!
ダイエットと聞いた時に真っ先に思い浮かぶのはキツイ運動や辛い食事制限ではないでしょうか。脂肪を燃やしてすっきり痩せるためには運動も食事も自分に厳しく行わなければいけませんが、つらいことはそう長続きするものではありませんよね。諦めずに上手にダイエットと付き合っていくにはどのようにすればよいのでしょうか。

食べたら痩せるかも!?脂肪を燃やす食べ物とは!

辛いつらいダイエット

ダイエットと聞いた時に真っ先に思い浮かぶのはキツイ運動や辛い食事制限ではないでしょうか。脂肪を燃やしてすっきり痩せるためには運動も食事も自分に厳しく行わなければいけませんが、つらいことはそう長続きするものではありませんよね。諦めずに上手にダイエットと付き合っていくにはどのようにすればよいのでしょうか。

食べたら痩せるかも

ダイエットの方法は非常に沢山ありますが、運動などのベーシックな対策以外にも、その時々で流行する耳ツボやロングブレスなどの身体を使うもの、リンゴやバナナなど食品を使ったものなどもあり、その人その人に合わせて行うことが可能です。とくに食べて痩せるダイエットの場合はあまり大きな負担を感じない事から挑戦しやすく、継続できる方も多いと言われています。そんな片手間で行える食べたら痩せるかもしれない食べ物にはどのような種類があるのでしょうか。

おすすめの食品

まず野菜や果物に置き換える方法の場合は、高カロリー食から低カロリー食に変えることで摂取カロリーを減らすことを目的にしていますので、体重を落とす主旨からいえば正しいことではあるのですが、その食品が直接脂肪を燃やすわけではありません。

一方でタンパク質を積極的に摂取した場合は食後のカロリー燃焼の割合が跳ね上がり2倍にも及ぶといわれています。タンパク質は体の代謝を向上させますので、炭水化物を少なくしその分だけタンパク質を食べればより効果的にカロリーを燃やしますので、運動の数時間前のタイミングで鶏のささ身やゆで卵など脂肪分が少ない良質なタンパク質を摂取し、また筋トレ後にも摂取すると良いでしょう。できるだけ高タンパクでありかつ低炭水化物を心がけると良いと言われています。

おすすめの飲み物

またコーヒーやお茶なども代謝を向上させる作用があり、緑茶に含まれているEGCGと呼ばれている成分や、コーヒーに含まれるカフェインやクロロゲン酸などはいずれもカロリーの消費量を押し上げてくれます。先ほどの高タンパク・低炭水化物食品とともに摂取すると良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick