// //
list

妊娠時の『尿漏れ』予防と改善方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

女性の身体は妊娠をすることで色々な変化を起こします。その変化の1つが尿漏れです。尿漏れとは文字通りの意味であり、妊娠中には起きやすくなります。妊婦さんの7割ほどが経験するとも言われており、出産後も4人に1人は尿漏れを起こしてしまうことがあるそうです。

妊娠時の『尿漏れ』予防と改善方法

妊娠中に尿漏れが起こってしまう理由

そもそも女性は男性と比較すると尿道の距離が短いのです。横から身体の断面図を見ると、おへそに近い側から恥骨膀胱子宮といった形で並んでいます。妊娠をすることで子宮が大きくなると、膀胱を圧迫してしまうため尿漏れを起こします。妊娠初期ではほとんどみられませんが、赤ちゃんが子宮の中で大きくなっていくことで膀胱にかかる圧力が増していき、妊娠後期になると頻繁に尿漏れが起きてしまいます。

他にも、骨盤底筋という尿道を締めている筋肉が出産の準備により緩んでくることも原因の1つです。

妊娠中の尿漏れ予防と改善方法

尿漏れは、骨盤底筋を鍛えることで防ぐことができます。骨盤底筋を鍛えるエクササイズをしてみたり、ヨガを行うことで鍛えることができます。尿を我慢するトレーニングも効果的なようです。トイレに行った時に、尿を我慢して止める、少し出してまた止める、といったトレーニングをすると筋肉が鍛えられ尿漏れを防ぐことができます。もう1つ気をつけておきたいのが排尿の仕方です。妊娠中は膀胱が収縮する力が低下しているので、どうしてもお腹をいきんで排尿するようになってしまいます。しかし、このクセがついてしまうと出産後の尿漏れを起こしやすくなるので、できるだけ自然に排尿するようにして下さい。

初めて尿漏れを経験した時はとてもショックですよね。でも、妊娠中や妊娠後の尿漏れは約7割のママが経験します。恥ずかしいことではないですし、子どもを授かったからこその悩みですので、神経質になりすぎず気楽にトレーニングしていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick