// //
list

頻尿対策!気をつけよう!飲み過ぎ利尿作用のある飲み物

このエントリーをはてなブックマークに追加

頻尿で困っている、という人は利尿作用のある飲み物に気をつけてみましょう。利尿作用のある飲み物は、意外と身近にたくさんあります。少し気をつけるだけで、夜トイレに通う頻度も変わりますよ。

頻尿対策!気をつけよう飲み過ぎ利尿作用のある飲み物

カフェインを含む飲み物

利尿作用がある飲み物の代表は、カフェインを含む飲み物です。カフェインを含む飲み物の代表例がコーヒーですが、コーヒーだけではなく他にも紅茶やお茶、ウーロン茶などのお茶類も含まれます。より身近であり意外なところではココアもこれに該当します。更に何気なく飲んでいる眠気覚ましなどの栄養ドリンクも利尿作用が高い飲み物と言えるでしょう。

ココアや栄養ドリンク類は砂糖、人工甘味料を使った飲み物ですが、これらは全般的に尿意をもよおすことが高いのです。砂糖入りのコーヒーや紅茶はもちろんですが、人工甘味料などの多いジュース類も注意が必要です。

アルコールドリンク

夜お酌をする、という方はそのアルコール類にも注意が必要です。運転するなどといった場合はもちろんダメですが、旅行に新幹線や飛行機などを使う、夜寝る前にお酒を飲む、といった場合、抗利尿ホルモンを抑制するアルコールは、飲めば飲むほどトイレが近い状態をつくってしまうのです。ビールを飲むとトイレに行きたくなる、というのは、アルコールの作用と、水分の摂取量が多いために起こることなのです。

他にもフレッシュジュースの中で、トマトやオレンジ類などは利尿作用が高いため注意が必要ですが、逆に、りんごやバナナなどは尿意を刺激しないと言われています。

今日からでも頻尿の対策をしよう

以上の事からまず頻尿にならないようにするにはカフェインやアルコールの摂り過ぎに気をつけましょう。疲れている時や仕事中に睡魔が襲ってきたときは、コーヒーやジュースなどを摂り過ぎてしまう傾向にありますが、日々の摂取量を気にすることで今日からでも少しずつ改善できるのではないでしょうか。

また、仕事の後にアルコールを摂取しがちの方はお酒を飲む機会を制限し、節酒する回数を増やすことで頻尿を改善することが出来ます。いかがでしたか?すぐに行えることが多いと思いませんか?諦めずに毎日の努力を怠らないようにしたいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick