list

それは夏風邪て?はない!?肺がボロボロになるカビ肺炎

このエントリーをはてなブックマークに追加

お風呂場の黒ずみなんかでお馴染みのカビですが、目立つところは気持ち悪いから掃除しますよね。でも実は、天窓や押入れ、家具の隙間など、水場以外にもカビが存在するって知っていましたか!?さらに日常生活でそのカビを吸い込むことで、“カビ肺炎”という病気を引き起こすこともあるんです!

それは夏風邪て?はない!?肺がボロボロになるカビ肺炎

カビ肺炎はなぜ起こる?

特に夏に多いのは、クーラーのフィルターにカビが繁殖しているケース。初夏を迎えて「そろそろ今年もクーラーをつけ始めようか」という時には、徹底的にクーラー内部を掃除しないと、クーラーの風でカビが部屋中に撒き散らされてしまうんです!また、クーラー以外にも空気清浄機や洗濯機もカビの温床になることがあるから要注意。

カビ肺炎の症状は?

カビ肺炎の症状は感染性肺炎のように高熱は出ません。さらに市販の薬でも一旦効果が出るのでただの風邪のようにもみえてしまいます。でも、それで治ったと勘違いして放置していると、突如病状が悪化してひどい場合には呼吸困難に陥ることもあるようです。

そんなカビ肺炎を見抜くポイントは咳。引っ越しをきっかけに咳が出始めたり、熱がないのに咳だけ止まらなかったり。また、旅行などで数日間自宅を離れるとその咳が治ったりなど。こんな症状がある場合は、カビ肺炎の可能性が高いです。カビ肺炎を見分けるためには、咳に注目してみましょう。

カビ肺炎を防ぐには!

カビ肺炎を発症したときの治療薬としては、ぜんそくなどでも使用するステロイドが有効らしいです。でもこれは対処療法でしかないので、カビ肺炎にならないためには家中の隠れカビ対策が必要です。

隠れカビ対策のポイントは湿気を部屋にこもらせないこと!まず、調理中の換気扇はマスト。また、エアコンで冷房や除湿を使用した後は内部が湿気だらけになっているので、スイッチをオフにする前に30分くらい送風にして乾かしましょう。それからどの季節でも、たまには窓を開けて部屋を換気することも大切。さらに、湿気の原因となる洗濯物の部屋干しはなるべく控えましょう。お風呂あがりはすぐ浴室のお湯を捨てるのも効果があるみたい。

以上、カビ対策はポイントさえ押さえておけばすぐにでも実践できるものばかりでしょ。独り暮らしの女性で窓を開けるのが怖いっていう人は、換気扇を回しているだけでも充分効果アリだから是非試してみてね!

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick