list

失恋、失敗、別れ・・・ネガティブな感情はあとに残る?

このエントリーをはてなブックマークに追加

年齢や性別に関係なく、わたしたちは日々喜怒哀楽に代表されるような感情を感じて生きています。多くの場合は、感情は自分の意志とは関係なく自然にわき、そしてしばらくするとなくなっていきます。立ち直れないような強い感情がわいた場合も、しばらく残ることがあるけれど、時間が経つにつれて薄れるのが普通です。

失恋、失敗、別れ・・・ネガティブな感情はあとに残る?

ネガティブな感情はあとに残る?

特定の感情が長く続くというケースがあります。失恋をした場合、何ヶ月もそれを引きずっていたり、親しい人を亡くして悲しい気持ちから立ち直れないという経験は誰にでもあると思います。また、仕事で大きな失敗をしてしまって、後悔をずっと感じていたりする経験もきっとありますよね。このように、ネガティブな感情って、けっこうあとに残ります。逆にポジティブな感情は心地良いものなので、その時その時でスッキリ感じきってしまうから、後に残ることはあまりないと言われています。

さらにネガティブな感情には、失恋が原因、などという分かりやすいもの以外に、毎日の生活の中で気付かないうちに感じてしまっているものもあるみたい。「感情は普段充分感じてる!」という人だって、実は感じきれていない感情がある場合もあるそう。感じきれずに残った感情は無意識の領域に入り込み、保存されているんだって。感じきれない感情が保存されているなんて、ちょっと怖いですね。

セドナメソッドでスッキリ?

未消化されてしまったネガティブ感情は、いつかどこかで吐き出さなければ溢れちゃいますよね。そんな時に効果があるのがセドナメソッド!セドナメソッドとは、簡単に言うと自分に簡単な質問を問いかけることで感情を解放し、心を満たす方法。この方法に慣れると自分の感情をいつでもどこでもうまく処理することができちゃうんですよ。もやもやが一気に解けて、本来の自分に戻ることができるの。セドナメソッドに関する本もたくさん出てるから、詳しいやり方が気になる人は一冊購入して読んでみると良いかも!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Editor's pick