list

そのストレスは大丈夫?身体に現れる危険シグナル

このエントリーをはてなブックマークに追加

会社や学校など、わたしたちは毎日いろいろな環境からストレスを受けています。ずーっと自宅にいたとしても、何かしらのストレスは感じているもの。ストレスは限度を超えると、身体的症状を出すことがあるそう。そうなるとかなり重度のストレスを感じている状態にあるとういことなので、早急に対処したいところです。身体に現れる危険シグナルを紹介していくので、当てはまる人はすぐに対処するようにしましょう!

そのストレスは大丈夫?身体に現れる危険シグナル

こんな症状、当てはまりませんか?

休日に限り、原因不明の頭痛が現れる。

これ、実は平日にかなりストレスを溜め込んでいる証拠です。休日にストレスがなくなり、一気に解放されて偏頭痛が起こるというケース。

女性に限り、生理痛が酷い。

ストレスが深刻な分だけ生理痛のリスクは高まると言われてるみたいです。適度な運動などでストレスを発散させましょう。

顎が痛い。

顎の痛みは寝ている間の歯軋りが原因。寝てる間にも、日々のプレッシャーと闘って歯をくいしばっている証拠です。顎が痛くなるほどの歯軋りをしているようなら、大問題!歯科医に相談してマウスピースをすることでかなり緩和されます。

悪夢をよく見る。

ストレスがMAX状態になっていると、寝ていても悪夢を見て夜中に何度も起きることになってしまいます。ぐっすり深く眠るために、寝る前にアロマをたいたり、軽いストレッチをしたりして、睡眠の質を向上させましょう。

歯周病になる。

ストレスが溜まると身体の免疫機能が弱くなって、歯周病になるケースもあるそうです。歯磨きの後、ハブラシに血がついていたら要注意!

大人ニキビが出来る。

ストレスで出来るのが大人ニキビ。思春期ニキビとは違うので、しっかり保湿をしてあげましょう。

原因不明のかゆみ出現。

ストレスのせいで肌が過敏になって、少しの刺激でもかゆくてかゆくてたまらない!って状態になってしまう人も結構いるそう。かゆみのせいでますますストレスが溜まる、なんてことも。

ストレスは一人で抱え込まないで!

このほかにもアレルギー反応が出やすくなったり、お腹が痛くなったり、色々な形で症状が出てくるみたい。少しでも心当たりがあれば、一人で抱え込んで無理せずに、精神科やクリニックなどでカウンセリングを受けましょう。セラピーに通ってみたり、自分なりのリラックス方法を見つけたりして身体に優しいことをしてあげると良いですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick