list

ネガティブな心を変えるスイッチ!ストレスを軽減する新しい習慣

このエントリーをはてなブックマークに追加

落ち込む心
心は一定ではありません。良いことや悪いこと、思いもしなかったことが断続的に、かつ予測できない中で生きているため、常に心の動きは流動的であり不規則に変化しているとも言えるでしょう。ビジネス上やプライベート、恋愛や単純な人間関係、金銭のやり取りなどの中でマイナスな出来事があるとどうしても人間はネガティブに考えてしまいがちな生き物です。ネガティブな心が身体を通して良い作用をしないことは誰もが当然に理解していることですが、いざ落ち込んだときにはマイナス思考を簡単には払拭することができず、1人でより深い深みに嵌ることも往々にしてあります。

ネガティブな心を変えストレスを軽減する新しい習慣

心の切り替え

落ち込んでいてもまた新しい日は始まります。自分が止まっている間に周りは進んでいます。時間・人・気持ち、全てのものが動いているのです。いつまでも気持ちも身体も止まっていることはできません。どこかのタイミングでご自身の心を変えてストレスを軽減することが重要になり、そのためにいくつかの新しい習慣を取り入れることがポイントになると精神科で教えられることがあります。

ものの見方を変える

あなたが悩んでいることや、それが原因で止まっていることは、ともするとあなただけが1人で考え、あなただけが1人で導き出した結果ではないでしょうか。心や意識を変えストレスを軽減するための新しい習慣は、ものの見方を一つだけに絞るのではなく他の解釈の仕方について考え、時には周囲の人の意見を取り入れることも大切です。ネガティブな思考時は考え方も凝り固まりがちですが、そもそもご自身で考えていることは一つの考え方に過ぎず、解釈はそれ以外にもあるわけですからできるだけ前向きな解釈をした方が負の連鎖から抜け出すことができると精神科では言われています。

しっかり思考する

そもそもネガティブな思考に陥ってしまっている時は、通常な思考や楽しいことを感じたり話したりする時のようなポジティブな思考が停止してしまっているため「今は何も考えたくない」と拒否する傾向も顕著に表れます。なかなかすぐにポジティブ思考に変化させることは大変なことですが、逆にそのような時だからこそ良い思考方向に持っていくよう考えを変えることが重要であり、精神科の見地から見ても心に良い効果をもたらすとされています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Editor's pick