// //
list

冬に流行!?胃腸風邪に注意

このエントリーをはてなブックマークに追加

冬に流行するといわれている風邪の一種が胃腸風邪です。胃腸風邪は感染性胃腸炎、ウィルス性胃腸炎のことを指しますが、症状が胃腸にくることから、胃腸風邪と呼ばれています。

冬に流行!?胃腸風邪に注意

胃腸風邪の原因

胃腸風邪の原因は様々です。風邪のウィルスが胃腸に入り込んで軽い症状を引き起こすこともありますし、冬にニュースでもよく見るノロウィルスもその原因のひとつです。ほかにも小児に多いロタウィルス、喉にも感染することがあるアデノウィルス、食中毒菌として知られるサルモネラ菌、腸炎ビブリオ、カンピロパクター、病原性大腸菌などがあります。中でも多いのはロタウィルス、腸管アデノウィルス、ノロウィルスとなっています。このウィルスたちは毎年ニュースなどで耳にする名前でもありますね。

症状と治療法は?

ほとんどの場合、胃腸風邪は吐き気や嘔吐から始まり、下痢へと移行しますが、かかるウィルス、細菌によって症状は異なり、アデノウィルスの場合は喉の腫れや痛み、結膜炎、38度以上の高熱が見られます。下痢は白く、水様便で、時間や場所を問わうとめどなく襲い掛かります。潜伏期間は1~2日となっていますので、発症したら徹底的な衛生管理、感染予防(職場を休む・消毒するなど)が必要です。本人のみならず感染者の周囲の人(家族や同僚など)も、ウィルスや菌をもらわないようにする努力が必要です。治療は対処療法になりますが、水分がとにかく奪われる病気ですから、水分補給をしっかりとこまめに行わなければなりません。

どうしても水分補給ができない場合は、病院で点滴治療を受けることになります。

感染に気をつけよう

胃腸風邪は細菌性、ウィルス性ですから人にももちろん感染します。罹患している人が触ったものや嘔吐物は必ずゴム手袋やビニール手袋を使用して消毒してください、さらに処理が終わったゴム手袋やタオル類は焼却処分するか、漂白剤で洗う必要があるでしょう。感染性の高い胃腸風邪もありますので、治るまでの約1週間は細心の注意が必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick