list

そもそも『メタボ』って!?症状と対策

このエントリーをはてなブックマークに追加

メタボリックシンドロームとはそもそもどんな状態なのでしょうか。肥満体の人は総じて「メタボ」と呼ばれることが多いようですが、太っているからメタボ、というわけではないようです。ここでは正しいメタボリックシンドロームを考えてみましょう。

そもそも『メタボ』って!?症状と対策

メタボリックシンドロームとは

内臓に脂肪が溜まり、高血圧、高血糖、高脂血症などの症状が複数現れることをメタボリックシンドロームと呼んでいます。メタボリックとは代謝の意味であり、代謝異常が起きていることを表します。メタボリックシンドロームは心筋梗塞や脳卒中など、生活習慣病の中でも死に直結するものが多く、症状が出なかったとしても、放置しておくと将来頭や心臓の血管の病気を起こす確率が高くなると言われています。

メタボ対策にはどうすればよい?

メタボリックシンドロームを解消するために必要なのは、内臓脂肪を減らすことです。脂肪を減らすと言ってもなかなか難しいのでは、と感じるかもしれません。もともと運動が苦手な人も多いでしょう。しかし蓄積しにくく減らしにくい皮下脂肪とは異なり、内臓脂肪は蓄積しやすいが減らすことも簡単な脂肪なのです。軽い運動と食事を心がけていれば簡単に脂肪を落とすことができますから、一度チャレンジしてみましょう。

たとえばジャンクフードをやめるとか、お酒を控えるだけでも十分効果があります。今からでも始められる対策なので、ウエストが90センチ近くある人はメタボ対策を考えましょう。

これってメタボ?

見た目に太っていなくても、内臓脂肪がたっぷりついていれば完全なメタボリックシンドロームです。内臓脂肪は見えない分、とても怖いものです。規則正しい生活習慣を身につけ、食事量を減らすだけでも効果がありますから、今からスタートしましょう。メタボにならないためにも!

このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick