// //
list

熱中症の症状と応急処置

このエントリーをはてなブックマークに追加

熱中症は発汗や循環機能に異常をきたし、最悪には死に至るケースもある怖い症状です。体温のコントロール機能がうまく働かなくなり体内に熱がこもった状態になってしまうのです。

熱中症の症状と応急処置

症状

めまいやけいれん、吐き気や意識障害、頭痛など、熱中症には様々な症状が出てくるのが特徴です。さらに熱中症は子供から大人までなる可能性があります。特に幼児や高齢者は熱中症になりやすいと言われています。はっきりした自覚症状を感じることもなく、ちょっと調子が悪い、気分が良くない、という程度の状態が続くこともあります。

応急処置

もし熱中症になってしまったら、すでに体温の調節機能が障害を受けている可能性があります。人命にかかわる緊急時と覚えておきましょう。応急処置としてはいかに早く体温を下げるかが勝負になってきます。クーラーの効いた部屋や木陰に移動し、同時に衣服を緩め風通しを良くします。気を失っている場合、水を飲ませると気道に入り込むことがあり逆に危険ですからそのままにしておきましょう。吐くこともありますから、顔は横向きにしておきます。本人が自分の意思で水が飲めない場合、救急車が到着するまで身体を冷やす処置をほどこしていきましょう。

熱中症にかかったときは

熱中症は自分自身、気づかないうちに起こっていることが多いのです。ですから、スポーツをしたり、炎天下のイベントに行く時にのどが乾いたと感じる前に水分を摂ることを心がけましょう。

症状が出た際の応急処置としては身体を冷やすことが先決です。これさえ守っておけば救急車が到着するまで持ちこたえることができるでしょう。熱中症は命にもかかわる病気でもありますから、適切な対応で、しっかり自分や仲間の命を守りましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick