// //
list

花粉症と風邪の見分け方

このエントリーをはてなブックマークに追加

花粉症は春先に起こるものだとばかりだと思っていませんか。実は秋でもアレルギー症状を起こすことがあるのです。夏と秋など季節の変わり目には花粉症を発症する率も高く、鼻風邪と勘違いされることが多いようです。今回は花粉症と風邪の見分け方についてご紹介しましょう。

花粉症と風邪の見分け方

症状で見分ける

花粉症と風邪は症状によって見分けることができます。まずは、花粉症の特徴的な症状の鼻水。風邪なら粘つきがあり黄色く膿んでいますが、花粉症の鼻水は水っぽく透明、サラサラ状態になっています。また、目のかゆみも花粉症の特徴です。風邪なら目のかゆみなどはありませんが、花粉症では目にもかゆみが出てきます。

さらに風邪の場合は熱が出るケースもありますが、花粉症では熱は出ません。風邪の場合は食欲がわかない人が多いようですが、花粉症は食欲には影響がありませんから、普段通りの食事を食べることができます。

天候で見分ける

花粉は天候によって左右され、晴れていると大量に飛びます。そうすると、花粉症の症状が出やすくなります。晴れた日によく鼻水が出るという人は花粉症かもしれません。そして花粉は数か月飛んでいますから、その間症状がずっと続くことになります。風邪は長くても1週間程度で治りますから、その症状の期間によって風邪か花粉症か見分けることができます。

花粉症と風邪の区別がつかない時は

上記の例は一般的に言われていることですから、本当に症状が出た場合は耳鼻咽喉科に診てもらうか、内科で診察を受けましょう。いつも鼻水が出ている状態が続いている人は花粉症かもしれません。鼻風邪も早期発見できればそれだけ早く治すことができますから、時間を見つけて来院しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick