// //
list

肥満症の基礎知識-デブの境界線(BMI値の標準値と計算法)

このエントリーをはてなブックマークに追加

子供は少々太っていても、せいぜい「よく食べる子だ」と言われるだけでしょう。これが大人だと肥満、不健康などと言われてしまいます。

ところで、肥満の人とそうでない人の境界線とはいったい何なのでしょうか?

肥満症の基礎知識-デブの境界線(BMI値の標準値と計算法)

肥満度の計算方法

大人の肥満度はBMIを使って示すことができます。BMIを出す計算式は以下の通りです。

体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))=BMI

一般的にBMIは22が理想値と言われています。しかしBMI22という数値は、美容の観点から見るとぽっちゃり系です。そしてBMIが25以上の数値になると肥満、デブと言われる境界線になってきます。

日本人の美意識の高さ

BMIの理想値を見てみると、「けっこう体重が重たくても大丈夫なのかしら」と思うような数値が出るようです。それは日本人が痩せているほうが美しいと思っているからで、普段、BMI22以下に体重を保っている人が多いからなのです。
ですから、デブや肥満の境界線も日本人女性からすると実は厳しい目で見られることもあります。BMI22でもすでにぽっちゃり系とみられていますから、デブと呼ばれることもあるかもしれません。

体重だけに注目するのは危険!?

体重を落とす理想は筋肉を落とすことなく脂肪を落とすことです。食事を減らす方法も大切ですが、それだけでは筋肉が衰えてしまいます。筋肉が衰えると太りやすい体質になってしまうため、ダイエットに運動は欠かせないのです。運動を今まで一切してこなかった人は続ける自信がないかもしれませんが、健康に痩せて美しいボディを手に入れるためにも、運動は食事療法と並行して行いましょう。

日本ではどうしても痩せている方が良いと思われがちですが、外国ではぽっちゃりした女性がモテることもあるようです。世界を視野に入れると一概にぽっちゃりが悪いわけではないのかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick